薬事監視員

薬事監視員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

薬事監視員を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「薬学、保健衛生学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
県や地方政令指定都市の薬務課、保健所などに就職

薬事監視員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
52 ~ 78

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

薬事監視員ってどんな仕事?

薬事監視員の仕事は、医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器に品質不良がないかどうか、不正表示があるかどうか、誇大広告や虚偽広告がないかを指導し、取り締まる仕事です。

具体的には、医薬品等を取り扱う施設に立ち入り検査をしたり、薬局などに薬剤師免許を持つ薬剤師がきちんと配置されているかを確認したり、無承認無許可医薬品を発見・監視・指導するなどの業務を行っています。

おすすめの大学(学部)

薬学、保健衛生学 …など

薬事監視員になるには、医学部・薬学部がある大学で、上記のような学科にて学ぶ必要があります。

薬事監視員の給料・年収は?

薬事監視員の年収は平均的な技術系国家公務員と同じく、600万円程度です。

行政担当の場合は事務職になり、定時出勤・定時退社、土日祝日の休みもある程度保証されています。
しかし、立入検査や監視は外勤となり、時間も不規則になりがちですし休日体系も不規則になりやすくなります。

薬事監視員の試験・資格は?

薬剤師や医師、獣医師、歯科医師の知識が必要で、免許を持っていなくても、大学の医学部などで薬学や医学に関する専門課程を修了し、1年以上薬事行政に携われば従事することができます。

実際に薬事監視員になるには、薬剤師免許を取得した後、国家公務員試験を受験するのが一般的です。

公務員として働き経験と実績を積むことで薬事監視員になることができますが、薬事監視員としての資格試験は特になく、実力を認められ任命されることでなれる職種です。

薬事監視員の有名人・著名人

薬事監視員の有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.