ゲーム制作に携わる職業

ゲーム制作に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ゲーム制作に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「映像、デザイン、情報学、通信工学、メディア学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
ゲーム制作会社、アプリ開発会社、関連企業に就職

ゲーム制作に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ゲーム制作のお仕事ってどんな仕事?

ゲーム制作のお仕事は、ゲームソフトやゲームアプリの制作や開発に携わる仕事です。
ゲームはさまざまな役割を持った人が分担して作業し、ひとつの作品を作り上げることがほとんどのため、職種も細かく分かれています。

関連する職業としては、ゲームプロデューサー、ゲームプログラマー、ゲームプランナー、ゲームデザイナー、ゲームディレクター、ゲームシナリオライター、ゲームサウンドクリエーター、ゲームクリエーター、ゲームグラフィックデザイナーなどがあります。

おすすめの大学(学部)

映像、デザイン、情報学、通信工学、メディア学 …など

デザイン系や情報系の学部がある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

ゲーム制作のお仕事の給料・年収は?

ゲーム制作会社大手の公表によれば、大手6社の平均年収は約994万円
年収が一番高かったのはスクウェア・エニックスの1,487万円で、公表された企業で年収が一番低い企業とは800万円以上開きがあり、大手6社の中でも大きく差があるようです。

ゲーム制作のお仕事の試験・資格は?

ゲーム制作会社に就職するには、数多くの資格を持っていることよりも、ゲーム制作に対する熱意思い入れ、そして向上心などが重視される場合が多いですが、参考までに役立つスキルを掲載します。

  • プログラマー
    「ITパスポート」や「基本情報技術者」
  • グラフィックデザイナー
    3DCGソフトや画像処理ソフト、「Photoshop」「Illustrator」
  • サウンドクリエイター
    楽譜の読み書きや作曲能力など、音楽の専門的知識、DTM技術など

ゲーム制作のお仕事の有名人・著名人

「ゲームの父」と呼ばれる故横井軍平さん宮本茂さんは、任天堂のゲームボーイなどの開発に携わったことで有名なゲームクリエイターです。
他にも、「ドラゴンクエストシリーズ」の堀井雄二さんや、「妖怪ウォッチ」の日野晃博さん、「星のカービィ」の生みの親である桜井政博さんなども有名です。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.