プログラマー・エンジニア

プログラマー・エンジニアの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

プログラマー・エンジニアを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、情報工学、システム・制御工学、電子工学、画像・音響工学、応用理学、応用化学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
Web制作会社やゲーム制作会社などに就職

プログラマー・エンジニアを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 71

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

プログラマー・エンジニアってどんな仕事?

プログラマーエンジニアは混同されやすい職業ですが、プログラマーはプログラミング言語を使ってコンピュータープログラムを作成するお仕事で、エンジニアは工学分野の専門知識を活かした技術職です。どちらもソフトウエア関連会社やコンピューターメーカーで働きます。

作成するプログラムはオフィス系、ゲーム系など様々ですが、システムエンジニアが作成した仕様書に基づいてプログラムを設計していきます。
システムエンジニア(SE)を更に細分化して、ネットワークエンジニア、アプリケーションエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアなど呼称されることもあります。
プログラミングはパソコン一つで、場合によっては、世界を変えてしまうほどの非常に便利な技術です。

おすすめの大学(学部)

通信工学、情報工学、システム・制御工学、電子工学、画像・音響工学、応用理学、応用化学 …など

工学部のある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

プログラマー・エンジニアの給料・年収は?

プログラマーの平均年収は約300万円~600万円です。開発するシステムや使用するプログラミング言語によっても年収は変わります。
システムエンジニアの平均年収は約400万円~600万円で、経験や能力によって給料の差があります。
また、いずれも雇用形態によっても収入が変わり、会社勤めか、フリーランスか、会社員の中でも、正社員、派遣社員、アルバイトなのかによっても待遇は大きく変わります。

プログラマー・エンジニアの試験・資格は?

プログラマー・エンジニアとしての資格を取ることで、自分のプログラミングの知識やスキルレベルを客観的に証明することができ、就職・転職活動時に自らをアピールすることができます。また、資格取得のための学習をすることで、体系的に知識の理解を深めることができます。
主な資格としては「Oracle 認定 Java資格」「PHP技術者認定試験」「Ruby技術者認定試験」「システムアーキテクト試験」などがあります。

プログラマー・エンジニアの有名人・著名人

今ではパソコン1台、一個人が世界を変えることができる時代ですが、プログラマーの中でもとても有名な人物として挙げられるのが、マイクロソフト創業者ビルゲイツ、Facebook創業者マーク・ザッカーバーグ、instagram創業者ケヴィン・シストロムなど、今や知らない人はいないような大企業の創業者たちがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.