Web制作に携わる職業

Web制作に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

Web制作に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得(業務内容により就職後に取得も可)
Step.4
Web制作会社などに就職

Web制作に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 47

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

Web制作のお仕事ってどんな仕事?

Web制作のお仕事は、新規のWebサイトの制作や、Webサイトのリニューアルやコンテンツの追加を行う業務です。どのようなWebサイトを制作するかという企画制作や、インターネットマーケティングの知識も必要になります。

Webサイトの多くは、Webデザイナー、ライター、ITエンジニアなど、専門分化して作業が進められることが多く、それを束ねるのが制作・編集担当者でクライアントとの折衝を重ねクライアントが求めるサイトやサービスを制作します。

関連する職業としては、Webプロデューサー、Webプログラマー(Webエンジニア)、Webデザイナー、Webディレクター、Webコンテンツプランナー、Webクリエーター、Webアートディレクターなどがあります。

おすすめの大学(学部)

コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学 …など

経営学部や商学部系の学部がある大学で、上記のような学部・学科に通って学ぶのがおすすめです。

Web制作のお仕事の給料・年収は?

一例をあげると、求人情報・転職サイトdodaの調査(2017年9月~2018年8月)では、2018年の全体の平均年収は414万円であるのに対し、Webデザイナーの平均年収は357万円でした。
ただし、持っているスキルなどによっては年収アップが見込めますし、フリーランスとして独立して働く場合は、能力によってはサラリーマンよりも年収が上がることも少なくありません。

Web制作のお仕事の試験・資格は?

Web制作のお仕事で必要なスキルは、多岐にわたります。
Webプログラマー(Webエンジニア)は、稀少なプログラミング言語を習得すれば、自身の市場価値を高めることができるでしょう。
また、Webデザイナーもデザイン関係のスキルだけでなく、プログラミングやマネジメント、マーケティングといったスキルを身につけることも有益となります。

Web制作のお仕事の有名人・著名人

Web制作のお仕事では業界内で知名度のある方はいますが、一般的に有名という意味ではあまり多くはいません。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.