CGを作る職業

CGを作る職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

CGを作る職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「メディア学、画像・音響工学」などの学部を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得(就業後でも取得可)
Step.4
ゲーム制作会社やグラフィック制作会社などに就職

CGを作る職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

CGを作る職業ってどんな仕事?

CGとは、Computer Graphics(コンピュータ・グラフィックス)の略で、図形や画像、または動画など、現実にはない架空の事象を、コンピューター駆使して2次元の世界に落とし込む作業ことを指します。また、こうしたものを作成するための技術という意味も含まれます。

CGを作る仕事には、CGクリエーター、CGデザイナー、CGエンジニアなどがあり、独学で学んで現在活躍している人も多くいますが、創作物には、歴史や宗教、法律などの知識が必要になることも多く、大学に行き、幅広い教養を身につけることで、さらに高いクオリティーの作品に仕上げることができるでしょう。

おすすめの大学(学部)

マスコミ学、メディア学、画像・音響工学、デザイン …など

CGを作る職業の給料・年収は?

多くのCGクリエイターは、ゲーム制作会社やグラフィック制作会社などの一般企業で会社員として働いているので、年収は一般的なサラリーマンと同じくらい、300万円から500万円程度といわれています。
しかしながら、腕を磨いてフリーランスとして独立する道もあり、この場合は売れっ子になると、年収はさらに上がるのではと思われます。

CGを作る職業の試験・資格は?

ベーシック、エキスパートの2種類の「CGエンジニア検定」「CGクリエイター検定」という資格がありますが、エキスパートコースを取得することで、より専門的なCGの知識やスキルを身につけることができます。他には、「Photoshopクリエイター能力認定試験」「Illustratorクリエイター能力認定試験」などでグラフィックの基本を身に付けられます。

CGを作る職業の有名人・著名人

CGクリエイター、CGデザイナー、CGエンジニアたちの力を結集して、新しい映像を生み出す映像クリエイターの有名人は、「田向 潤(たむかい じゅん)」「関根 光才(せきね こうさい)」「二宮 大輔(にのみや だいすけ)」などがいます。
映像クリエイターは、テレビやCM、Webコンテンツ、プロモーションビデオ、ゲームなど、あらゆる分野の映像を制作することから、映像作家や映像ディレクターと呼ばれることもあります。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.