YouTuber(ユーチューバー)

YouTuber(ユーチューバー)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

YouTuber(ユーチューバー)を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「情報学、経済学、画像・音響工学、映像」などの学科を卒業
Step.3
必須の資格はないが必要に応じて取得
Step.4
自宅、または企業でYouTuberとしてチャンネル開設

YouTuber(ユーチューバー)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 59

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

YouTuber(ユーチューバー)ってどんな仕事?

YouTuber(ユーチューバー)が職業として成立する理由は、自身が公開した動画を再生された時に表示される広告収入が主ですが、人気が出ると企業とのコラボ、書籍化、テレビ出演、グッズ展開など、インフルエンサーとして活動の幅が広がり様々な分野から収益を得られる職業です。
昨今では子供のなりたい職業の調査で上位にランクインするほど注目度は高かまっています。

規約に反しない限り誰でも簡単にYouTuberになれますが、職業として成熟できるほどの収益を得るまでには惜しみない努力と、動画の編集技術、企画力、構成力、その他様々なスキルが必要となります。

おすすめの大学(学部)

情報学、経済学、画像・音響工学、映像 …など

専門の分野に特化したYouTuberを目指すなら誰よりも詳しくなる必要がありますし、他にもバーチャルYouTuber(VTuber・ブイチューバー)と呼ばれるCGのキャラクターを用いるならコンピューターを学ぶ必要があります。こういった面から映像系・情報系の学科のある大学へ通って勉強することは近道と言えるでしょう。

また、企業の専属契約などでない個人の場合、お金の管理から確定申告なども自身で行う必要あるため、経済学を学べる大学などもおすすめです。

YouTuber(ユーチューバー)の給料・年収は?

YouTuberの給料・年収は、厳密にいくらとは言えません。人気のあるYouTuberなら動画の広告収益だけでも数十万~数百万…それ以上に収益が見込めます。
しかし、一定のフォロワーと再生時間を超えてからでないと広告を貼れないため、初めたばかりの人は何かの分野ですでに知名度のある人物でない限り、人気が出なければ給料(収益)0円のままという厳しい世界です。

人気になる秘訣をお教えするのは難しいですが、最低限のコンピューターを操作する技術や動画編集スキルを磨く必要がありますので、情報系・画像・音響工学・映像などの大学を目指すと良いでしょう。

YouTuber(ユーチューバー)の試験・資格は?

YouTuber(ユーチューバー)になるための専門の資格はありません。しかし専門分野に特化したテーマのYouTuberを目指すならば、その道の資格を持っていたほうが説得力は高まることでしょう。

YouTuber(ユーチューバー)の有名人・著名人

YouTuber(ユーチューバー)の有名人や著名人として明確な基準を設けるのは難しいですが、チャンネル登録者数が多いものでは「キッズライン♡Kids Line」「せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii」「はじめしゃちょー(hajime)」「HikakinTV」「タキロン Takilong Kids’ Toys」などがトップランカーのチャンネルとなっています。
多くの方に認知されているという点でYouTuberとしての有名人・著名人と言えるでしょう。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.