ネットワーク管理者

ネットワーク管理者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

ネットワーク管理者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「通信工学、情報工学、システム・制御工学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
Web制作会社などのIT関連企業に就職

ネットワーク管理者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

ネットワーク管理者ってどんな仕事?

ネットワーク管理者とは、サーバーやルーター、ファイアウォール、スイッチングハブなどの運用・管理・保守などを業務とする、ネットワーク管理者のことを言います。
関連する職業としては、システムアドミニストレータ、情報セキュリティーアドミニストレータなどがあります。

おすすめの大学(学部)

通信工学、情報工学、システム・制御工学 …など

工学系や情報系の学部がある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

ネットワーク管理者の給料・年収は?

ネットワーク管理者の平均年収は、30代では472万円、40代は546万円、50代は596万円となっています。
30代は同年代の社会人における平均年収を上回っていますが、40、50代になるにつれ、同年代平均を下回る形となります。これは、これは加齢による知識の衰えが関係しているように考えられます。

ネットワーク管理者の試験・資格は?

ネットワーク管理者には、業務に合わせた資格があります。
全日本情報学習振興協会が主催の「情報セキュリティ初級認定試験」「情報セキュリティ管理士認定試験」は、情報セキュリティの知識を認定する資格で、ネットワーク管理者や管理職の受検を推奨しています。他にも、特定のメーカーやソフトウェアに特化していない総合的な資格で、初級の資格としてぴったりな「.com Master (ドットコムマスター)」や、ネットワーク機器メーカーシスコ社が認定する資格試験「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」、情報処理推進機構(IPA)が実施する、経済産業省認定の国家資格「ネットワークスペシャリスト試験(NW)」などもあります。

ネットワーク管理者の有名人・著名人

ネットワーク管理者のお仕事で、一般的に知られる方は少ないですが業界内で知名度の高い方は多くいらっしゃいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のWeb・ゲームの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.