監督・コーチ

監督・コーチの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

監督・コーチを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「スポーツ学、心理学、体育学」などの学科を卒業
Step.3
スポーツ団体や各リーグに監督・コーチとして就職
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

監督・コーチを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 51

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

監督・コーチってどんな仕事?

スポーツの監督・コーチは、野球やサッカー、バレーボールなど、プロやアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行います。
個々の選手の強みや弱みを把握したうえで、より強くなるように指導したり、試合に勝てるような運び方を指導していきます。

医学やスポーツ科学など科学的なアプローチや、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験が問われる職業です。

おすすめの大学(学部)

スポーツ学、心理学、体育学 …など

監督・コーチの給料・年収は?

スポーツの監督の年収は、例えばサッカーJリーグの監督の年収は1位の横浜F・マリノス アンジェ・ポステコグルー監督の年俸が2億円、18位のサガン鳥栖の金明輝監督の年俸が1500万円となっています。

コーチの収入は、サッカーで例に挙げると、アルバイトで時給900円~1100円前後、正社員のプロのコーチは月収16万~30万円、ベテランコーチや元Jリーガーなどの肩書があるコーチはもう少し収入が高くなる傾向にあります。

監督・コーチの試験・資格は?

スポーツの監督・コーチになるには、まずはそのスポーツで選手としてすぐれた実績を残すことが必要です。
自分が打ち込んでいるスポーツの強豪大学に進学し、選手として活躍しながら地域のスポーツチームなどでコーチを務め、チームの成績を伸ばすなどの実績を作るとよいでしょう。

サッカーの場合、コーチや監督になるためには、日本サッカー協会公認指導者ライセンスを取得すると有利です。

監督・コーチの有名人・著名人

スポーツの監督・コーチの有名人は、各種スポーツに数多くいらっしゃいます。
例えば野球では、データ分析に基づいた「ID野球」で有名な野村克也さんや、多くの優勝実績と熱い男として知られる星野仙一さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のスポーツ・娯楽の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.