スポーツプロモーター

スポーツプロモーターの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

スポーツプロモーターを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学、ビジネス学」などの学科を卒業
Step.3
イベント会社、スポーツ団体などに就職。または地方自治体や行政機関に所属
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

スポーツプロモーターを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 48

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

スポーツプロモーターってどんな仕事?

スポーツプロモーターは、スポーツイベントの企画や、開催・運営をトータルに行う人を言います。
大会や国際試合などを開催する時の場所・日時をセッティングしたり、会場設営や宣伝活動、メディアへの対応などもおこないます。

スポーツイベントに関する業務のほとんどに携わり、イベントの指揮管理行うため、リーダーシップも必要です。
出場選手や団体との交渉や、運営スタッフの取りまとめをする際に、高いコミュニケーション能力が求められます。

関連する職業としては、スポーツプログラマー、スポーツアナリスト、スポーツマネジメントがあります。

おすすめの大学(学部)

スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学、ビジネス学 …など

経営学部、経済学部、体育学部がある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

スポーツプロモーターの給料・年収は?

スポーツプロモーターは、さまざまなイベントにかかわり、その収益が企業に利益をもたらすビジネスモデルを成立させているため、平均年収は約400万円と安定しています。日本からスポーツがなくならないかぎり、実はとても安定した職業です。

スポーツプロモーターの試験・資格は?

スポーツプロモーターに必要な資格は、特にありませんが、スポーツに対して熱い情熱を持つことが大切だということは言うまでもありません。
また、企画力や発想力、さまざまな人とコミュニケーションをとる力がある人におすすめです。

オリンピックやワールドカップなどの世界的な大会の場合は、電通博報堂などの大手広告代理店への就職をする必要があります。

もし新卒から大手広告代理店を希望するのであれば、MARCH以上の大学を卒業、大学在学中もイベントの企画や運営、実際に何かをブランディングした経験があるといいでしょう。

スポーツプロモーターの有名人・著名人

スポーツプロモーターで有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のスポーツ・娯楽の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.