スポーツの審判員

スポーツの審判員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

スポーツの審判員を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「スポーツ学、体育学、心理学、人間科学」などの学科を卒業
Step.3
スポーツ団体や各リーグに審判員として登録
Step.4
必須の資格はないが必要に応じて取得

スポーツの審判員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 53

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

スポーツの審判員ってどんな仕事?

スポーツの審判員は、競技ごとに審判員の制度があり、資格を取得して審判を行います。

ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定なで、ほとんどは本業を別に持ちボランティアとして協力するのが一般的です。

プロ野球の審判員の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行っており、その他には、サッカー、バレーボールなど様々な審判員があります。

おすすめの大学(学部)

スポーツ学、体育学、心理学、人間科学 …など

体育学部がある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

スポーツの審判員の給料・年収は?

スポーツの審判員の仕事の年収は、プロ野球1軍の審判であれば1000万円ほど、2軍の審判の平均は400万円前後となっています。
サッカーJ1リーグでは、1年間に30試合の主審を務めても年収は360万円で、Jリーグの大半の審判は安定した収入が保障されていないようです。

審判はスポーツを行う際に極めて重要な存在ですが、日本で審判の収入だけで生活できるのはプロ野球とサッカーの一部の審判だけで、それ以外のスポーツは他に本職やアルバイトをしながら審判活動を行っているのが実情です。

スポーツの審判員の試験・資格は?

スポーツの審判員になるには、その競技連盟・協会が設けた資格を取得する必要があります。所持する資格に応じて、審判のできる大会や試合が決まります。
競技経験は問われませんが、競技やルールに対する深い理解力集中力、体力、そして、高い人間性が求められます。

スポーツの審判員の有名人・著名人

スポーツの審判員のなかで有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他のスポーツ・娯楽の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.