放送記者

放送記者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

放送記者を目指すための主な進路

放送記者
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「政治学、経済学、法学、社会学、マスコミ学」などの学科を卒業
Step.3
全国の各報道局の入試試験に合格

放送記者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
43 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

放送記者ってどんな仕事?

放送記者は、テレビのニュース番組のために取材したり、記事制作をする仕事です。
報道記者とも呼ばれ、外勤がメインの取材記者と内勤でニュース番組の制作をする編集記者に分かれて仕事をします。
政治や経済、社会部などに配属されて事件などを取材します。
1日中取材や聞き込みをしたりハードワークになることもあり、体力や精神力が必要になります。
さまざまな分野の知識も必要で、視聴者に伝わるように話さないといけません。
海外の放送記者を目指している場合は、語学も必要になります。
情報を的確に判断して、冷静さや度胸があると良いです。

おすすめの大学(学部)

政治学、経済学、法学、社会学、マスコミ学 …など

政治学、経済学、法学、社会学を学べる4年制大学に進学して、全国の各報道局の入試試験に合格する必要があります。
採用試験は4年制大学卒業か大学院卒業が必須になります。

入社後に取材記者と編集記者に所属して現場で経験を積みます。

放送記者の給料・年収は?

初任給は、35万円です。
平均年収は、500万円~1,300万円です。
主任、係長、課長、部長と昇進していくとかなり高い年収になります。
人気の職種で初任給も高いので、就職するのがかなり難しいです。

放送記者の試験・資格は?

とくに必須の資格はありませんが、採用試験は筆記試験、適性検査、面接などがあるので対策しないと合格は難しいです。
入社したい局の試験傾向を勉強する必要があります。海外で働く場合は、語学の取得が必要です。

放送記者の有名人・著名人

池上彰、竹口 佳那子、佐古貴子、佐野 剛士、杉浦友紀、新井俊毅

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.