地図を作るお仕事

地図を作るお仕事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

地図を作るお仕事を目指すための主な進路

地図を作るお仕事
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「文芸学、歴史学、地理学、建築学」などの学科を卒業
Step.3
地図専門出版社や印刷物作成会社に就職
Step.4
必要に応じて測量士、測量士補、地図地理力博士や、パソコンの関する資格を取得

地図を作るお仕事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 58

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

地図を作るお仕事ってどんな仕事?

地図を作るお仕事には様々なものがあります。

地図製作者は、依頼主が求めている地図を作成する仕事です。
縮小した地図を書くことが多く、誰もが読みやすいようにデザインする必要があります。
縮尺を含めて書きながら、川・山・鉄道なども最適にデザインをします。
航空写真からデータを読み取り、正確に地形を表したりします。パソコンで作成する事が多くあります。

地図編集者は、必要な情報を整理して正確で目的に合う地図を作る仕事です。
トリミングしたり、文字やサイズ、色のバランスなどを考えて作ります。
道路、地形などをどのように表示させて、新しくデータを修正したりもします。
地図製作者に指示を出したり総合的に作業をします。空間把握能力やデザインセンスも求められる仕事です。

おすすめの大学(学部)

文芸学、歴史学、地理学、建築学 …など

地理学、地域社会、デザインが学べる学校に進学して、地図専門出版社や印刷物作成会社に就職をします。フリーランスで活躍する人もいます。

地図を作るお仕事の給料・年収は?

初任給は、20万円です。
平均年収は、300万円~500万円です。
アルバイトや派遣社員で募集している会社も多いです。

地図を作るお仕事の試験・資格は?

測量士、測量士補、地図地理力博士の資格があると就職に有利になります。
実務しながら試験を受験する人もいます。

古地図研究家として博物館で働く場合だと学芸員の資格が必要なので、大学で博物館に関する科目を学んだり、資格認定試験に合格する必要があります。

パソコンを使い専用のソフトで作成することが多いのでエクセルやワードの基本パソコンスキルは必須です。
移動も多くするので普通自動車免許も取得すると良いです。

地図を作るお仕事の有名人・著名人

歴史上の人物では伊能忠敬などが有名です。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.