評論家

評論家の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

評論家を目指すための主な進路

評論家
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「マスコミ学、コミュニケーション学、文芸学」などの学科を卒業
Step.3
出版社や研究機関に就職、または書籍を発刊などフリーランスで活動

評論家を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

評論家ってどんな仕事?

評論家は、政治、経済、文学、映画、美術、科学などを分析して評価する仕事です。
得意な専門分野について独自の研究や論文、書籍などで発表をします。
学者や教授が専門分野をいかして評論することが多いですが、評論とは学問とは異なり、仮説を提示して独自の意見を述べる事です。

知識量と推測する力が必要で、鋭い直感力もあると良いです。
有名になるとメディアに出演したり、書籍出版、セミナーなど多くの場で活躍ができます。

おすすめの大学(学部)

マスコミ学、コミュニケーション学、文芸学 …など

マスコミ学や文芸学を学び、出版社や研究機関、大学教授に就職して知識を深める人も多いです。
本業を別に持ちながら評論家として活動する人もいます。

評論家として活動するには、書籍を出したりメディアに出たりして知名度を上げる必要があります。知名度が無ければ評論家として活動するのは難しいです。
まずは自分が得意な専門分野のプロフェッショナルになることを目指すのが良いです。

評論家の給料・年収は?

評論家は、基本的にはどこかに所属して活動する事がないため初めは兼業でする人が多いです。
出版社や研究機関に就職した場合には、初任給は20万円程度です。

本を売って印税で収入を得たり、セミナーの活動などで稼ぐことが多いです。
有名評論家になれば800万円以上稼ぐこともできます。

評論家の試験・資格は?

とくに必須の資格はありませんが、評論するものに対する専門知識や、必要に応じて資格なども必要な場合があります。

評論家の有名人・著名人

池上彰、森永卓郎、尾木直樹、宮崎哲弥、マツコ・デラックス、田原総一朗、ほかにも専門分野が異なる評論家が数多く居ます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.