広告に携わる職業

広告に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

広告に携わる職業を目指すための主な進路

広告に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「マスコミ学、メディア学、デザイン、映像」などの学科を卒業
Step.3
広告代理店や広告制作会社、メーカーに就職
Step.4
必要に応じてフォトショップやイラストレーターなどの資格を取得

広告に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 46

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

広告に関するお仕事ってどんな仕事?

広告に携わる職業には様々なものがあります。

広告プランナーは、依頼主の商品やサービスについてプロモーションや広告を出す媒体などの計画を立てる仕事です。
依頼主に完成見本などを用意してプレゼンテーションを行います。
広告代理店に勤務しているケースが多く、複数の広告代理店とのコンペもあるので、低予算で効果的な広告を作る必要があります。
時代の変化や流行などを予測したり、デザインセンスやコーディネート力も必要になります。

広告デザイナーは、依頼主の商品やサービスを熟知してデザインを作成する仕事です。
雑誌、新聞、ポスターなどに合わせたそれぞれの専門スタッフとの打ち合わせを繰り返しながら作成します。
広告の意図を文字や画像を使って表示するので、詳しく商品の情報をしっかりと伝えられる力が必要です。
イラストレーターやフォトショップなどのソフトが使えると良いです。

おすすめの大学(学部)

マスコミ学、メディア学、デザイン、映像 …など

広告業界を目指すならマスコミ学、デザイン、メディア学を学べる学校に進学して、広告代理店や広告制作会社、メーカーに就職します。
アシスタントから始めて経験を積む人も多くいます。

広告に関するお仕事の給料・年収は?

初任給は、20万円です。
平均年収は、400万円~600万円です。
大手企業や役職があればさらに給与は高くなります。

広告に関するお仕事の試験・資格は?

とくに必須の資格はありませんが、広告デザイナーになるならイラストレーターフォトショップなどのクリエイター能力試験が合格できれば就職に有利になります。

広告に関するお仕事の有名人・著名人

広告に関するお仕事の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.