記者

記者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

記者を目指すための主な進路

記者
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「社会学、マスコミ学、教養学、文芸学、歴史学、政治学、地域社会、情報学、総合政策学」などの学科を卒業
Step.3
新聞社、雑誌社、放送局などに就職
Step.4
必要に応じてTOEICや英検、翻訳検定などを取得

記者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

記者ってどんな仕事?

記者は、新聞紙や雑誌に載せる原稿を書く仕事で、担当する部署や分野に分かれて仕事をします。

例えば以下のような違いがあります。

  • 新聞記者
    世界情勢、政治、経済、文学などを中心に書き、官公庁や政財界への取材もするので出張や徹夜も多く、ハードワークになることもあります。
  • 雑誌記者
    取材や情報収集をします。文章以外に写真のデザインセンスも必要になります。
  • 英字新聞記者
    敬語でのインタビューや正確なライティング能力も必要になります。

どの職種でもコミュニケーション能力が大事で、フットワークが軽く好奇心がある人に向いている仕事です。

おすすめの大学(学部)

社会学、マスコミ学、教養学、文芸学、歴史学、政治学、地域社会、情報学、総合政策学 …など

政治学、経済学、法学、社会学、マスコミ学がある学校に進学して新聞社や編集プロダクションに就職するか、経験を積みフリーランスで働くこともできます。
4年制大学か大学院を卒業していることが条件の会社が多いです。

記者の給料・年収は?

初任給は、25万円です。平均年収は、600万円~1,000万円です。
20代では年収400万円ぐらいですが、リーダーや上司などキャリアアップすると600万円以上とかなり給与が高くなります。
フリージャーナリストだと実力に応じて数百万円から数千万円など幅広いです。

記者の試験・資格は?

とくに必須な資格はありません。放送記者だと全国の各放送局の入試試験に合格する必要があります。
英字新聞記者だと、TOEICや英検、翻訳検定を取得するのが良いです。

記者の有名人・著名人

井上公造、駒井千佳子、長谷川まさ子、あべかすみ、菊池真由子、島田薫、遠田智子、中西正男

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.