アニメーター

アニメーターの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

アニメーターを目指すための主な進路

アニメーター
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「アニメーション学、CG、画像・音響工学、映像」などの学科を卒業
Step.3
アニメ制作会社やプロダクションに就職

アニメーターを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 53

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

アニメーターってどんな仕事?

アニメーターは、さまざまな媒体のアニメーション作品の制作における原画や動画を作る仕事です。

  • 原画
    連続するポーズを書く
  • 動画
    原画のつながりを描く

アニメーション制作の工程は、はじめにシナリオがあり、次に絵コンテと設定にパートが分かれ、レイアウトの次にアニメーターの仕事となる「原画」そして「動画」で動きを繋ぎ(水面下に背景の制作も進む)、最後とに仕上げを行ってデジタル処理や音響が加わって完成されます。

このように、アニメーターが行う「原画」「動画」はアニメ制作において終盤に近くなるためスケジュールはかなりタイトになっている場合が多い中、100枚単位のセル画を描くこともあるため徹夜することもあり、精神力や体力も必要になります。

しかしながらアニメーターのお仕事はデザイン力やデッサン力、1枚1枚を精密に描けるようにかなり技術など、アニメーション制作の基本的な知識とスキルを身に付けるための最初のお仕事と言われており、アニメーターの技量によってスピード感がある動画になるので細かい表情や動きなどを考えてキャラクターの個性を出していきます。

そして技量が上達していくと作画監督や監督になる人もいます。

おすすめの大学(学部)

アニメーション学、CG、画像・音響工学、映像 …など

上記のような学科のある大学や専門学校に進学してアニメ制作会社やプロダクションに就職をします。
就職には、自分で描いた作品をまとめたポートフォリオが一番大切なので常に作っておきましょう。

アニメーターの給料・年収は?

初任給は、16万円です。平均年収は、300万円です。完全出来高制だと給与5万円程度の場合もあります。
一般的な職種の給与と比べると若干低い水準から始まりますが、アニメーターから仕上げ、原画、キャラクターデザイン、背景美術、作画監督、監督とステップアップすれば平均年収が600万円以上にもなります。

アニメーターの試験・資格は?

とくに必須の資格はありません。

アニメーターの有名人・著名人

青野厚司、青山充、赤井俊文、芦田豊雄、天野喜孝、天久聖一、荒木伸吾、ALIMO.

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の出版・アニメの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.