昆虫を扱うお仕事

昆虫を扱うお仕事の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

昆虫を扱うお仕事を目指すための主な進路

昆虫を扱うお仕事
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「農芸化学、地理学、生物学」などの学科を卒業
Step.3
博物館などに就職する場合、国家資格である学芸員資格を取得

昆虫を扱うお仕事を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

昆虫を扱うお仕事ってどんな仕事?

昆虫を扱うお仕事には主に昆虫を販売する仕事と、昆虫に関連する仕事の2種類があります。

  • 昆虫を販売する仕事
    ペットショップに設置されている小動物コーナーや昆虫ショップの店員や昆虫ブリーダーが挙げられます。展示している昆虫の飼育業務やエサとなる食草などの植物育成業務を行います。
  • 昆虫に関連する仕事
    資料の収集、保管、展示、調査研究を行う学芸員や、昆虫館や博物館の昆虫展示のスタッフ、製薬会社での防虫剤開発、昆虫採集用品や飼育用品の販売であったり、検疫、環境アセスメント(大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査する)といった仕事が含まれます。
おすすめの大学(学部)

農芸化学、地理学、生物学 …など

そのほか、昆虫学の研究者、昆虫関連のYoutuber、昆虫ハンターの仕事なども挙げられます。
さらに、WHOは非常食として昆虫食を推奨しているため、世界的な食糧難が起こった際には昆虫の需要は高まるといわれています。

昆虫を扱うお仕事の給料・年収は?

昆虫を扱うお仕事のうち、学芸員の平均年収は250~400万円となっています。
また、ペットショップの店員の平均年収は200~400万円となっています。

昆虫を扱うお仕事の試験・資格は?

昆虫に関連する仕事に従事するためには、農林・地理・土木・環境など、専門分野の修学が必要です。
学芸員になるには、博物館で専門的な仕事をする人の国家資格である学芸員資格を取得する必要があります。

また、昆虫学の研究者になるためには、大学・大学院で専門知識を修めて学位を取得する必要があります。

昆虫を扱うお仕事の有名人・著名人

昆虫を扱うお仕事の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.