獣医師

獣医師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

獣医師を目指すための主な進路

獣医師
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「獣医学、獣医師養成課程のある学科」などの学科を卒業
Step.3
獣医師免許を取得
Step.4
動物病院、水族館、動物園、公営競馬場などに就職、または開業

獣医師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
57 ~ 71

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

獣医師ってどんな仕事?

獣医師の仕事は、飼育動物の診療などを行う医師のことで、農林水産省が認定する国家資格を持つ人のことを指します。

担当職には様々な専門分野があり、犬・猫などのペットやコンパニオン・アニマル(伴侶動物)と呼ばれる小動物を対象に診察行為を行う「小動物臨床獣医師」や、農村地域などで開業するか農業共済組合や農業協同組合などに勤務して、周辺の畜産農家に往診する獣医師の「産業動物臨床獣医師」がいます。

そのほか、厚生労働省や農林水産省で採用された「獣医系技術職員(獣医系技官)」は、本省や検疫所、動物検疫所などに勤務し、公衆衛生や感染症対策などの分野で種々な施策を講じます。採用は「国家公務員総合職(院卒者)相当」となり、一般の国家公務員総合職試験とは別の採用枠になります。

おすすめの大学(学部)

獣医学、動物看護学、畜産学、保健衛生学 …など

獣医師の仕事に就くためには、大学で獣医学または獣医師養成課程のある6年制の学科を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、動物看護士(師)、動物介在療法スタッフなどがあります。

獣医師の給料・年収は?

獣医師の平均年収は40.5歳で約572万円となっており、動物病院で働く獣医師の初任給は、23万円~25万円が相場となっています。院長クラスでは月収35万円ほどとなり、技術と経験によって給与が上っていくようです。

また、地方自治体で働く場合には地方公務員となるため、その地方の給与体系にしたがって、給与が支給されます。

獣医師の試験・資格は?

獣医師になるためには、国家資格である獣医師免許の取得が必要です。
高校卒業後、獣医師養成課程のある大学(6年制)に進み、必要な課程を修了すると、獣医師国家試験の受験資格が得られます。
国家試験に合格して初めて、獣医師として働くことができます。

獣医師の有名人・著名人

獣医師の有名人は、三浦雄一郎さん、高田礼人さん、唐木英明さん、高松邦男さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.