動物調教師

動物調教師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

動物調教師を目指すための主な進路

動物調教師
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「生物学、獣医学、動物看護学、畜産学、水産学」などの学科を卒業
Step.3
関わる動物を扱う業種に就職

動物調教師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

動物調教師ってどんな仕事?

動物調教師は主に動物園、サーカス、サファリパーク、シーワールド、水族館、競馬場などの動物たちを飼育・調教するお仕事です。
その範囲は幅広く、動物の数だけ種類が存在します。

たとえば、競馬の調教師・厩務員、警察犬や盲導犬を育てる犬訓練士、水族館のショーに出るイルカやオットセイなど海洋動物の調教師、サルなどを使った伝統芸能専門の調教師など、様々なジャンルにそれぞれ専門の調教師がいます。
他にも、ペットとして飼われている犬の無駄吠えを止めさせたり、飼い主さんとの主従関係を教育したりする調教師もあります。

動物好きでないと務まりませんが、それだけではなく動物に関する幅広い知識を有し、また常識と協調性のある人材が求められています。

おすすめの大学(学部)

生物学、獣医学、動物看護学、畜産学、水産学 …など

動物調教師の給料・年収は?

動物調教師の平均年収としては、水族館のドルフィントレーナーの平均年収が320万円、犬の訓練士の平均年収が272~350万円、アニマルトレーナーの平均年収が260~400万円となっています。
また、例外的に競走馬の調教師の平均年収は約1200万円となっています(日本中央競馬会)。

動物調教師の試験・資格は?

動物調教師になるためには、大学や専門学校に進学して調教する動物についての獣医学・看護学・公衆衛生学・解剖学・生理学といった医療面の専門知識、さらに習性等の調教に関する専門技術を身に付ける必要があります。

動物調教師の有名人・著名人

動物調教師の有名人・著名人には、ライオン調教師でアニマルトレーナーのマイケル・ハウズさんや、 ドルフィントレーナーの澁谷光徳さん、日光さる軍団の名物校長である村崎太郎さんらが知られています。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.