養殖業

養殖業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

養殖業を目指すための主な進路

養殖業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「水産学、生物学、地域社会、ビジネス学」などの学科を卒業
Step.3
養殖業を行う企業に就職

養殖業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

養殖業ってどんな仕事?

養殖業とは生物をその本体または副生成物を食品や工業製品などとして利用することを目的として、人工的に育てるお仕事です。
特に、水産業(養殖漁業)の一種で、魚介類や海藻などの水棲生物を人為的に繁殖させることを指します。
たとえば、稚魚の質と量の確保が困難な魚種(例えば、ニホンウナギ・クロマグロ・ハマチ)の養殖がよく知られています。

魚介類は味が美味しいだけでなく、栄養学的にみても魚介料理から摂れる栄養は豊富です。
したがって、伝統的に魚介類の消費量が多い日本の家庭の食卓に魚介類を届けるために、養殖業はなくてはならない仕事となっています。
生産量が多い順に、ホタテガイ・カキ・ブリ・マダイとなっています。

おすすめの大学(学部)

水産学、生物学、地域社会、ビジネス学 …など

養殖業の給料・年収は?

養殖業の平均年収としては、漁業の平均年収が参考になります。
漁業の平均年収は260万円となっていますが、実際は漁業形態によってかなりの違いがあります。
遠洋漁業においては月額が30万円以上となりそれに航海、資格手当等がつくため、およその年収で600~800万円となるようです。
養殖業については、何を養殖するかによっても大きく違いがあり、高級魚の養殖は年収が高くなるようです。

養殖業の試験・資格は?

養殖業を行うにあたり、必要な資格はありませんが、養殖業を行う企業に就職するのが一般的です。
基本的な知識や技術は、水産系の高校や大学で習得することが可能ですが、専門的な技術や勘は現場での経験によって身につける必要があります。

養殖業の有名人・著名人

養殖業の有名人・著名人は特に知られていないようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の生き物の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.