国税専門官

国税専門官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

国税専門官を目指すための主な進路

国税専門官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、経済学、社会学」などの学科を卒業
Step.3
国税専門官採用試験に合格
Step.4
いくつかの専科研修などを受ける
Step.5
全国の国税局及び沖縄国税事務所に採用され、各管内の税務署にて勤務

国税専門官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
63 ~ 72

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

国税専門官ってどんな仕事?

国税専門官は、納税の不正を防止し、国の財源を確保するという「国税の刑事」とも言える仕事です。
国の財源となる税金を賦課・徴収する専門家で、国税調査官、国税徴収官、国税査察官に分かれています。

  • 国税調査官
    税の申告が適正に行われているかどうかの調査や、申告に関する指導をする人です。
  • 国税徴収官
    納付期限を過ぎた税金の督促や滞納処分、納税指導を行います。
  • 国税査察官
    悪質な脱税嫌疑者に対して、捜査を行ったり、刑事犯として告発することもできます。映画やドラマなどで登場する「マルサ」に当たります。

国税専門官になるには、大学や短大で法学、経済学、社会学を学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学、経済学、社会学 …など

国税専門官の給料・年収は?

国税専門官の平均月収は、36.1万円、月額ボーナスが7.7万円で、年換算すると、年額賃金は525.6万円となり、日本人の収入の中央値と比べると年収はやや高いと言えます。
国税専門官は公務員なので、給与は法律によって定められています。
例を挙げると、東京都特別区内勤務の場合の初任給は、24万8520円となっています。

ちなみに、同じ国家公務員でも、一般行政職より国税専門官の方が給料は高く設定されていますが、複雑な税を取り扱う専門職であることを考慮されているといえます。

国税専門官の試験・資格は?

国税専門官になるには、国税専門官採用試験に合格しなければならず、年齢制限があり、大卒程度の学力が必要とされています。
試験では憲法、民法、経済学、会計学、社会学などの高度な専門知識が問われます。
試験合格後、いくつかの専科研修などを経て、国税専門官になることができます。

国税専門官の有名人・著名人

元国税専門官の有名人には、女優の山村紅葉さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.