外交官

外交官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

外交官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「語学(外国語)、語学(日本語)、国際貿易学、宗教学、文化人類学、比較文化学、コミュニケーション学、国際関係学」などの学科を卒業
Step.3
公務員試験に合格する
Step.4
外務省に入省して大使館や領事館などで働く
Step.5
必要に応じて外務省専門職試験に合格する

外交官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
52 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

外交官ってどんな仕事?

外交官としての仕事は、日本の安全や繁栄を確保すること、日本国民の大切な生命や財産を守ること、他国の国民の幸せを追求することが大切な使命です。
外交官は国家公務員で外務省に所属し、日本の外交に関わるすべての業務を担当します。
政治的な仕事だけでなく、旅行や出張など、個人的な移動者のための取り組みも担当します。

現在、世界の約200ヶ所に日本の大使館や総領事館、政府代表部などの在外公館があり、その国に滞在する日本人のケアや、その国との外交の最前線を担うことも重要な仕事です。
関連する職業として、外務公務員、海外技術協力官などがあります。

おすすめの大学(学部)

語学(外国語)、語学(日本語)、国際貿易学、宗教学、文化人類学、比較文化学、コミュニケーション学、国際関係学 …など

外交官になるためには、大学や短期大学で、語学(外国語)、語学(日本語)、国際貿易学、宗教学、文化人類学、比較文化学、コミュニケーション学、国際関係学を学ぶ必要があります。

外交官の給料・年収は?

外交官の平均年収は約1000万円程度といわれていますが、これは派遣先の国ごとに異なる在勤手当などを含めた金額とされています。
外交官の初任給は大卒程度試験合格者で総合職の初任給であれば約22万円です。

外交官の試験・資格は?

外交官になるためには、まずは公務員試験に合格しなければなりません。
人事院が実施する、国家公務員採用総合職試験は将来の幹部候補を採用する公務員試験の最高峰であり、超難関試験です。

外国語や地域のスペシャリストとしての外交官を目指すなら、外務省が独自に行っている外務省専門職試験に合格することが必須です。

外交官の有名人・著名人

外交官の有名人では、宮家邦彦さん、佐藤優さん、達増拓也さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.