家庭裁判所調査官

家庭裁判所調査官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

家庭裁判所調査官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「心理学、教育学、社会学、法学」などの学科を卒業
Step.3
裁判所職員採用試験の総合職試験に合格する
Step.4
裁判所職員総合研究所にて2年間の研修を修了する
Step.5
全国の家庭裁判所・高等裁判所にて家庭裁判所調査官として勤務

家庭裁判所調査官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
50 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

家庭裁判所調査官ってどんな仕事?

家庭裁判所調査官は、家庭裁判所で扱う問題解決や調査、報告をする仕事です。
非行をした少年少女の処分を決めるときに必要な報告書作成や家庭環境、人間関係を調査して裁判官が適切に判断できるように情報をまとめ、問題が改善できるような助言や援助をする場合もあります。

理論的に報告ができるように民法や刑法の専門知識のほかに問題解決ができるような対応力も必要になりますので、心理学、教育学、社会学、法学などが学べる学校に進学して裁判所職員採用総合職試験に合格すると家庭裁判所調査官補として採用がされます。

おすすめの大学

心理学、教育学、社会学、法学 …など

その後、裁判所職員総合研修所で2年間の研修を受けて、家庭裁判所調査官として全国の家庭裁判所・高等裁判所で働きます。
偏差値が高ければ法学を学び、試験科目を勉強するのが良いです。試験にはある程度の学力が必要です。

家庭裁判所調査官の給料・年収は?

初任給は、およそ21万円です。
平均年収は、400万円~800万円です。
国家公務員として給与は固定されており、賞与や昇給もあるので安定した職業です。

家庭裁判所調査官の試験・資格は?

裁判所職員採用試験の総合職試験(家庭裁判所調査官補、 院卒者区分・大卒程度区分)に合格する必要があります。
年齢と学歴の制限もあり、試験はかなり難しいです。上位合格者順なので、試験対策をして臨みましょう。

合格後、裁判所職員総合研究所に入所して必要な知識や実務をこなし2年間研修をして、家庭裁判所調査官になれます。

家庭裁判所調査官の有名人・著名人

家庭裁判所調査官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.