公正取引委員会審査官

公正取引委員会審査官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

公正取引委員会審査官を目指すための主な進路

公正取引委員会審査官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、経済学、工学、語学(外国語)」などの学科を卒業
Step.3
国家公務員採用試験に合格
Step.4
公正取引委員会に採用される

公正取引委員会審査官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
59 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

公正取引委員会審査官ってどんな仕事?

日本市場の中で一部の企業が利権を独占することがないよう、設けられた法律が、独占禁止法です。
公正取引委員会は、経済取引において独占や談合、不公正な取引や広告などが行われていないかを厳しくチェックするための国の組織で、公正取引委員会審査官は、疑いのある企業を審査し、必要なときは会社への立ち入り調査も実施する人のことを言います。

主な業務内容は以下の通りです。

  • 取引に関する書類調査
  • 事情聴取の上で違反行為を洗い出し
  • 勧告や審判

公正取引委員会審査官になるには、大学や短大で法学、経済学、工学、語学(外国語)を学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学、経済学、工学、語学(外国語) …など

公正取引委員会審査官の給料・年収は?

公正取引委員会審査官は、国家公務員なので給与法に従って給与が決まっており、おおむね大手民間企業と同じくらいで、日本人の平均収入に比べると高めとなっています。
公正取引委員会審査官の初任給は、約23万円となっています。

公正取引委員会審査官の試験・資格は?

公正取引委員会審査官になるには、国家公務員採用試験に合格し、公正取引委員会に採用されなければなりません。
法律を扱う仕事なので、大学では商法や独占禁止法、産業組織論など、法律や経済学を学んでおくと、実務にスムーズに取り組むことができます。
業務内容としては、市場の不正を取り締まることが中心となるため、求められる人物像としては、正義感が強く公平であることが好ましいといえます。

公正取引委員会審査官の有名人・著名人

公正取引委員会審査官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.