公証人

公証人の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

公証人を目指すための主な進路

公証人
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、政治学、国際関係学」などの学科を卒業
Step.3
法科大学院を修了、もしくは司法試験予備試験に合格
Step.4
司法試験合格
Step.5
司法修習生を経て法曹有資格者を取得
Step.6
法務省法務局にて勤務

公証人を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
58 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

公証人ってどんな仕事?

公証人は、裁判官や検察官、弁護士などの法務実務に30年以上かかわってきた人のなかから選出され、法務大臣からの任命を受けた公務員のことをいいます。
当事者や関係人の委託を受けて、公正証書を作成したり、私署証書や定款に認証を与える権限があり、法務局や地方法務局に所属し、管轄区域内に公証人役場を設けて仕事をしています。

公証人役場は全国に300か所ほどあり、現在550名ほどの公証人がいます。
定年退職は70歳とされており、年齢にに達すると退職しなければならないと規定されています。

おすすめの大学(学部)

法学、政治学、国際関係学 …など

公証人になるためには、大学や短大で法学、経済学、工学、語学(外国語)を学ぶのがおすすめです。

公証人の給料・年収は?

公証人の収入は、遺言や様々な契約の際しての公正証書を作成するときにかかる手数料になります。
地域によって依頼件数は異なりますが、年間の手数料収入は、都心部の場合であれば1人あたり2,000万円以上ということもあるようです。

公証人の試験・資格は?

公証人になるには、法務大臣からの任命を受けなければならず、原則として条件は、司法試験合格後、司法修習生を経た法曹有資格者とされています。
長年法務に携わり、法曹有資格者と同じくらいの学識経験を持ち合わせているというように、公証人審査会が認めた人も任命される資格があります。
いずれにしても、司法試験に合格後、法曹会にて経験を積まなければなりません。

公証人の有名人・著名人

公証人の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.