労働基準監督官

労働基準監督官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

労働基準監督官を目指すための主な進路

労働基準監督官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、物理学、土木工学、機械工学」などの学科を卒業
Step.3
労働基準監督官採用試験の第1次試験、第2次試験に合格する
Step.4
都道府県労働局の面接で合格する
Step.5
労働局、労働基準監督署にて勤務

労働基準監督官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
62 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

労働基準監督官ってどんな仕事?

労働基準監督官は、労働者が雇用者と結んだ契約にそって、きちんと安全に健康的に働けているかどうかを、労働基準法に基づきチェックを行う国家公務員のことを指します。

長時間労働や賃金の未払いなどの劣悪な待遇に陥っていないかどうかを、時に立ち入り実態調査を行い調査します。
通報を受けた時などには、抜き打ち検査を行ったり、事故や火災が起きた現場の原因調査も管轄範囲です。
再発防止の指導や再調査などのクロージング業務まで一貫して行います。
悪質で重大な違反があった場合には、責任者を逮捕することもできるため、司法警察官という一面もあります。

おすすめの大学(学部)

法学、物理学、土木工学、機械工学 …など

労働基準監督官になるためには、大学や短大で上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

労働基準監督官の給料・年収は?

労働基準監督官は、厚生労働省が所管する国家公務員に受験資格がある国家資格を持つ国家公務員なので、給与は国家公務員法で定められており、地域にもよりますが、東京都特別区勤務の場合には、初任給は220,680円で、地域手当のない地域に勤務する場合は183,900円が初任給になります。
平均年収は約660万円程度と言われ、日本人の平均給与よりも高額であると言えます。

労働基準監督官の試験・資格は?

労働基準監督官になるには、特別な資格は必要ありません。
労働基準監督官採用試験の第1次試験、第2次試験に合格し、勤務を希望する都道府県労働局での面接をして合格すれば採用されます。
ここ最近の合格率は14%と、難易度は高いと言えます。

労働基準監督官の有名人・著名人

労働基準監督官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の公務員の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.