環境保全員

環境保全員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

環境保全員を目指すための主な進路

環境保全員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「地理学、化学、応用理学、環境学、環境情報学、農学、農業工学、農業経済学、林学、林産学、農芸化学」などの学科を卒業
Step.3
環境調査会社などに就職
Step.4
土壌汚染調査技術管理者、1・2級土木建築施工管理技士、環境アセスメント士、公害防止管理者などを取得

環境保全員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 79

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

環境保全員ってどんな仕事?

環境保全員は、環境保護や公害防止を専門的にする仕事です。
水質、土壌、廃棄物、浄水などの汚染状況を調査、予測、評価をしたりします。

仕事をするフィールドが森林、水・土壌、環境全般に分かれていて、さらに細かく職種が分類されています。
配属先によってはチームや自治体などと関わり一緒に仕事をするのでコミュニケーション能力も必要です。
報告書を作るのでエクセルやCADのスキルもあると良いです。
調査するときには徒歩になるので、1日中歩いていられるぐらいの体力も必要です。

おすすめの大学(学部)

地理学、化学、応用理学、環境学、環境情報学、農学、農業工学、農業経済学、林学、林産学、農芸化学 …など

地理学、土木工学、環境学を学べる学校に進学して環境調査会社に就職をします。環境について考えたり、専門的な調査をしたい人に向いている仕事です。

環境保全員の給料・年収は?

初任給は、20万円です。平均年収は、400万円~700万円です。
平均的に年収が高いですが、具体的にできる業務や資格がないといけません。業種によっても多少給与に差があります。

環境保全員の試験・資格は?

作業環境測定士、土壌汚染調査技術管理者、1・2級土木建築施工管理技士、環境アセスメント士、公害防止管理者など職種により必要な資格が違います。
一部の資格は実務経験がないと受験できない物もありますが、学生時代に取得できる資格は取得すると良いです。
パソコンスキル(エクセル・ワード)、AutoCAD(建築・土木)があると就職が有利になります。

環境保全員の有名人・著名人

環境保全員の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.