気象予報士

気象予報士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

気象予報士を目指すための主な進路

気象予報士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「地理学、地学、宇宙・地球学、環境学」などの学科を卒業
Step.3
気象予報士の国家資格を取得
Step.4
気象会社、放送局・新聞社、一般企業、メディア業界、気象庁・地方自治体、航空業界、自衛隊の気象予報官、気象庁職員などに就職

気象予報士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 68

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

気象予報士ってどんな仕事?

気象予報士は、多岐にわたる気象観測のデータを基に、天気を予測する仕事をする人のことを指します。
テレビやラジオなどの放送局にて気象キャスターとして活躍したり、民間の気象会社に入社して天気予報を発信したりするのが主な仕事です。

近年増加傾向の異常気象について災害が予測される場合は、具体的な避難や行動の目安を説明することも重要な任務です。農業や漁業は特に天気に左右されることが多いため、正確な予報が求められています。

おすすめの大学

地理学、地学、宇宙・地球学、環境学 …など

気象予報士になるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです

気象予報士の給料・年収は?

気象予報士の年収は、各社の平均年収をもとに算出すると、約450万円程度となるようです。初任給の相場は18~22万円ほどで、公務員、民間企業ともにほとんど差はありません。
気象予報士は資格取得後、一般企業や民間気象会社、メディア関係などに就職するほか、自衛隊の気象予報官や気象庁職員などの国家公務員になるケースもあります。
年収は勤め先によって大きく変わりますが、気象予報士という国家資格を持つ専門職であっても、特別高給というわけでもないようです。

気象予報士の試験・資格は?

気象予報士になるためには、気象予報士の国家資格が必要です。受験資格は特になく、試験内容は「学科試験」と「実技試験」があります。その際には、高校の地学や物理、数学の知識なども必要となります。
資格取得後、気象庁を目指す場合は「国家公務員試験」を受験する必要があります。気象キャスターを希望する際は、各局のオーディションを受験します。

気象予報士の有名人・著名人

気象予報士の有名人は、天達武史(あまたつ たけし)さん、石原良純(いしはら よしずみ)さん、河合薫(かわい かおる)さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.