庭師

庭師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

庭師を目指すための主な進路

庭師
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「土木工学、農芸化学、林学、林産学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて「造園技能士」「造園施工管理技士」「樹木医」などの資格を取得
Step.4
造園会社、土木会社などに就職

庭師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

庭師ってどんな仕事?

庭師は、庭造りが主な仕事です。
必要とされる知識は、草木や石、地形土壌など多種多様、そしてなにより空間デザインのセンスが問われる専門家といえます。

庭造りと一口にいっても、個人宅の庭だけでなく、公園などの公共空間やゴルフ場、オフィス街など庭師が必要とされる場所は広範囲にわたります。
個人宅では、樹木の剪定や、庭全体とのバランスを考慮した庭園を造ります。
公共施設では緑化のため植木を行いますが、地形や土壌に適した植木の選別や、公園であれば多くの人が利用するスペースや歩道の確保なども考慮します。植木の維持管理もまた、庭師の重要な仕事の一つです。

おすすめの大学(学部)

土木工学、農芸化学、林学、林産学 …など

庭師になるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、植木職人、庭園設計士、盆栽職人、樹木医、ガーデンデザイナー、グリーンコーディネーターなどがあります。

庭師の給料・年収は?

庭師の平均年収は280万円前後月額総支給額は23万円ほどとなると思われます。
勤務エリアや勤務先の会社によって変わってきますが、造園会社は中小企業が多いため、一般のサラリーマンの平均収入の420万円よりは低めの給与水準にある傾向にあります。

庭師の初任給は、技術職として造園会社に就職した場合は16万円〜20万円程度とされています。
技術によって待遇が変わりますので、経験を重ねれば年収は徐々に上がっていきます。

庭師の試験・資格は?

庭師になるために必要な資格は特にありませんが、仕事をしていくうえで関連する資格としては、「造園技能士」「造園施工管理技士」「樹木医」などがあります。

庭師の有名人・著名人

庭師の有名人は、スウェーデン出身のイケメン庭師の村雨辰剛(むらさめ たつまさ)さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.