植物園職員

植物園職員の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

植物園職員を目指すための主な進路

植物園職員
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「観光学、コミュニケーション学、生物学」などの学科を卒業
Step.3
公営の植物園に就職する場合は、公務員試験に合格する。公共のレクリエーション施設で働く場合は学芸員の資格を取得する。
Step.4
国立・公立、大学付属、民間などの植物園に就職

植物園職員を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
42 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

植物園職員ってどんな仕事?

植物園職員は、国立・公立、大学付属、民間などの植物園で働くスタッフです。
植物を育成管理するスタッフ以外にも、入園受付や来場促進のための広報、人事・経理・総務などの管理などの仕事もあります。大学の付属植物園では研究スタッフが、民間の植物園では売店での接客販売スタッフなどの業務が加わることもあります。求められる能力は部署により異なりますが、植物に関する知識に加え、コミュニケーション能力や、イベント企画力も必要となるケースがあります。

おすすめの大学(学部)

観光学、コミュニケーション学、生物学 …など

植物園職員になるためには、大学や短大、専門学校にて、観光学、コミュニケーション学、生物学を学ぶのがおすすめです。

植物園職員の給料・年収は?

植物園職員の平均年収は、公立の植物園の正職員であれば、公務員となるため、一般の公務員と同じくらいの年収400万円~500万円となるようです。売店スタッフや窓口スタッフはアルバイトや非正規雇用で働く人が多いため、正職員よりは低めの給与水準となります。

植物園職員の試験・資格は?

植物園職員になるために必要な資格は、公共のレクリエーション施設で働く場合に必要な「学芸員」の資格を持っていると、専門知識を学んでいる証明となるため、就職の際アピールになります。
公営の植物園に就職する場合には、公務員試験を受験、合格しなければなりません。合格後、希望が通れば植物園に配属されます。民間植物園の場合は、植物園の運営会社の採用試験を受験します。

植物園職員の有名人・著名人

植物園職員の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物はいらっしゃるかと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.