研究員・技術者

研究員・技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

研究員・技術者を目指すための主な進路

研究員・技術者
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「応用理学、原子力工学、化学、応用化学、エネルギー・資源工学」などの学科を卒業
Step.3
放射線取扱主任者、原子炉主任技術者などの資格を取得
Step.4
食品メーカー、食品試験研究所などに就職

研究員・技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 61

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

研究員・技術者ってどんな仕事?

研究員・技術者は、各専門分野について研究機関にて研究する人のことを指します。

エネルギー系研究・技術者を例にあげると、水力、火力、原子力といった既存のエネルギーだけでなく、太陽光、風力、原子力などの新エネルギーの研究・開発を通じて、長期的なエネルギー供給の安定化を目指しています。それぞれの分野では幅広い領域の研究を行っており、原子力では、安全確保を最優先に核燃料の加工や再処理、原子炉の設計などの研究も行われています。現在は太陽光・風力・地熱などの自然エネルギーの実用化と、燃料電池の開発も特に注目されています。

おすすめの大学

応用理学、原子力工学、化学、応用化学、エネルギー・資源工学 …など

研究員・技術者になるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような専門分野を学びます。
関わる職業として、原子力系研究・技術者、バイオ技術者、海洋工学系研究・技術者、火山学者、臭気判定士、エネルギー系研究・技術者などがあります。

研究員・技術者の給料・年収は?

研究員・技術者の年収は、どこで働くかによって異なります。
大学の研究者の年収は、勤めている大学や年齢などによって異なりますが、平均すると800万円~1000万円ほどになることが多いようです。
理化学研究所の研究職の給与は、年俸制で、毎月48.7万円通勤手当・住宅手当・研究費が割り当てられます。
民間企業に勤める場合、研究者の年収は他の職種の社員の年収と比べると若干高めであるのが一般的のようです。平均の初任給は約24万円程度、年収は300万円~400万円前後となりますが、年齢を重ね昇格するにつれて、収入がアップしていきます。

研究員・技術者の試験・資格は?

研究員・技術者になるために必要な資格は、特にありませんが、例えばエネルギー系研究・技術者の関連資格としては、放射線取扱主任者原子炉主任技術者などがあります。

研究員・技術者の有名人・著名人

研究員・技術者の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.