森林官

森林官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

森林官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「林学・林産学、考古学、社会学、生物学」などの学科を卒業
Step.3
国家公務員試験II種またはIII種を取得
Step.4
林野庁に所属する各森林事務所などに就職

森林官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
55 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

森林官ってどんな仕事?

森林官は、各地域の国有林を管理して守る仕事で、林野庁に所属する各森林事務所に勤務します。
主な業務は、過剰な伐採を防ぐために森林の生育状況を調べて、「間伐」と呼ばれる木々の間引きを計画・実行することです。

そのほかにも樹木を食べる動物への対策、山火事や不法投棄の実態調査など、森林を守り育てていくためのさまざまな業務をこなします。
森林を守ることは、材木資源の確保だけでなく、土砂災害の防止にもつながるとても重要な仕事です。

おすすめの大学

林学・林産学、考古学、社会学、生物学 …など

森林官になるためには、大学や短大、専門学校にて、林学・林産学、考古学、社会学、生物学を学ぶのがおすすめです。

森林官の給料・年収は?

森林官が所属する林野庁職員の給与は国家公務員の俸給表に習って定められています。森林官の平均年収は、平均年収は680万円ほどとなります。

森林官の試験・資格は?

森林官になるために特別な資格は必要ありませんが、大学などで林業学や農業学、林産学、植物学、生物学、考古学、社会学などを学んだ後、国家公務員試験II種またはIII種を受験して、農林水産省林野庁の職員になる必要があります。

国家公務員試験II種の場合、合格したあと1年間は基礎的業務習得があります。
2年目からは森林管理局などの現場に赴任できますが、すぐに森林官になれるわけではなく、森林管理局や森林管理署などの現場で実績を積む必要があります。
森林官を希望し続けて、実績が備ったことが認められると、はじめて森林官として任命されることになります。

森林官の有名人・著名人

森林官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の自然・環境の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.