児童福祉に携わる職業

児童福祉に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

児童福祉に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得(業務内容により就職後に取得も可)
Step.4
児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、放課後等デイサービス、乳児院などに就職

児童福祉に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

児童福祉のお仕事ってどんな仕事?

近年、子どもとその保護者を取り巻く環境は複雑になってきているため、育児に悩む保護者が増加しています。
また、そのような環境で育つ子どもの中には問題行動や非行に走るケースが少なくありません。

児童福祉の仕事は、主に児童相談所などの公的機関にて、そうした子どもや保護者から寄せられるさまざまな悩みや相談に応じたり、アドバイスや指導、カウンセリングなどを行うことで問題解決をする仕事です。

おすすめの大学(学部)

心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学 …など

児童福祉の仕事をするためには、福祉学・心理学・教育学・社会学が学べる大学などで、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

関連する職業として、児童相談員(児童福祉司)、児童自立支援専門員・児童生活支援員、児童指導員などがあります。

児童福祉のお仕事の給料・年収は?

児童福祉のお仕事の中でも、児童養護施設で勤務する児童指導員の平均年収は340万円~800万円とのデータがあります。
児童相談所で勤務する児童指導員の平均年収は280万円~670万円

また、パート、アルバイトも含む非常勤の児童指導員では、時給1,200円程度が相場で、平均年収250万円~という職場が多い傾向にあります。

児童福祉のお仕事の試験・資格は?

ほとんどの児童福祉施設に置かれている児童指導員と任用されて資格を得ることができます。
資格を得るためには、児童福祉施設の職員を養成する学校や、大学の心理学・教育学・社会学を修めて卒業するなどして得ることができます。

児童福祉のお仕事の有名人・著名人

児童福祉の仕事に就く有名人は、一般的にあまり知られないですが業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.