歯科医師

歯科医師の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

歯科医師を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「医学、医療技術学、保健衛生学」などの学科を卒業
Step.3
各種・資格や検定を取得
Step.4
開業するか既存の医院・クリニックに就職

歯科医師を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 71

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

歯科医師ってどんな仕事?

歯科医師の仕事は、虫歯をはじめとした歯の病気を治療する職業ですが、近年は治療だけでなく、歯磨きの指導、健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っています。
その役割はさらに広がりつつあり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケア指導などで歯科医師が求められる機会が多くなっています。

また、口の中のけがや口腔がんなどの場合には、基幹病院にて麻酔医などとチームを組み治療することもあります。

おすすめの大学(学部)

医学、医療技術学、保健衛生学 …など

歯科医師になるには、歯学部のある大学で、上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

▼歯科医師(職業情報提供サイト(日本版O-NET)職業紹介動画)

歯科医師の給料・年収は?

歯科医師の仕事の平均年収は約300~1,000万円程度です。
おしなべて平均すると823.9万円となっていますが、役職や勤める病院の種類によって収入には大きな開きがあります。

開業医か勤務医かによっても差があり、歯科診療所の院長の年収平均は約1,186万円ですが、勤務医の年収平均は約606万円と、約半分ほどになっています。

地域によっても差があり、人口が少なく歯科医師の需要が少ない地域では特に年収は低くなる傾向にあります。
施設数も全国的に過剰であり、開業に多額の初期投資が必要なため、その設備を維持していくためのお金も確保しなければなりません。

一概に「開業医の方が儲かる」とは言えないのが現状のようです。

歯科医師の試験・資格は?

歯科医師の仕事につくには、歯科大学や大学の歯学部で6年間学び、歯科医師国家試験に合格し、歯科医師資格(免許)を取得する必要があります。
現在は資格取得後、研修施設の指定を受けた病院や診療所などで1年以上の臨床研修が義務付けられています。

歯科医師の有名人・著名人

歯科医師の有名人は、一般的にあまり知られないですが地域内・業界内では知名度のある人物は多いものと思われます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の医療・福祉の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.