声優

声優の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

声優を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「舞台・演劇・舞踊学、言語学」などの学科を卒業
Step.3
声優プロダクションに就職

声優を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

声優ってどんな仕事?

声優は、アニメーションのキャラクターや洋画、海外ドラマの登場人物の声の吹き替えをする人のことを言います。
ほかにも、ゲームのキャラクターの声の吹き替えや、テレビドラマや番組のナレーション、最近では歌手やイベント司会として活躍する人もいます。

声を使い分けて一人で何役もこなしたり、“声だけで”キャラクターを演じなければならないなど、高いレベルの表現力と演技力が必要とされます。

声優を目指すためには、演技力を高める演劇科や、語学を学べる学科などにある大学、または専門学校に通うと良いでしょう。

おすすめの大学(学部)

舞台・演劇・舞踊学、言語学 …など

声優の給料・年収は?

声優の平均収入は、月16万円程度です。
安定したレギュラー番組を持っていれば、月収は20代では12万円、30代で17万円、40代で22万円程度と言われています。

中堅クラスの声優になると、固定ファンも付き、声優としての仕事も安定して入ってくるので年収は300万円程度になりますが、ここまで残る人は多くありません。

ベテラン声優になると、仕事のランクが上がり出演料アップが見込まれますが、その分制作側が起用しづらくなる傾向になるため、一般サラリーマンよりも低い年収になるケースが多いようです。

しかし声優としての知名度を生かし、傍らで何か事業を始めて成功したり、担当したアニメのキャラクターソングCDや、舞台、ラジオ、テレビの出演などで収入アップするケースもあります。

声優の試験・資格は?

声優になるために、声優としての能力を測定する「声優能力検定」という試験もありますが、必ずしも必要な資格ではありません。
声優になるためには、まずは声優プロダクションに入所することが声優としての仕事を得るための入り口と言えます。

声優の有名人・著名人

声優の有名人は、山寺宏一さんをはじめ、「鬼滅の刃」などに出演している花江夏樹さん、下野紘さん、「ドラえもん」などに出演している木村昴さん、「進撃の巨人」などに出演している梶裕貴さん、「機動戦士ガンダム00」などに出演している宮野真守さん…他多数がいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の芸能・マスコミの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.