マスコミ・ジャーナリスト

マスコミ・ジャーナリストの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

マスコミ・ジャーナリストを目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「マスコミ学、社会学、メディア学」などの学科を卒業
Step.3
新聞社・出版社・放送局などに就職

マスコミ・ジャーナリストを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
44 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

マスコミ・ジャーナリストってどんな仕事?

マスコミ・ジャーナリストは以下のような違いがあります。

  • マスコミ(マスコミュニケーション)
    マスメディア(mass media)・大衆媒体を用いて不特定多数の人に対し、情報を大量伝達することを職業としたものです。
    主な媒体としてはテレビ・ラジオ・インターネット・雑誌・新聞などがあります。
  • ジャーナリスト(ジャーナリズム)
    情報を集めて編集する伝達前の課程を担うのがジャーナリストで、思想・イデオロギー的な表現・行為などが発信する情報の根幹にある場合があります。
    ジャーナリストは、さまざまな分野のトピックス、時事問題について個人としての見解や主張を持ち、評論や解説をする人のことを指します。

関連する職業として、ビデオジャーナリスト、戦場ビデオジャーナリスト、取材コーディネーターなどがいます。

おすすめの大学(学部)

マスコミ学、社会学、メディア学 …など

マスコミ・ジャーナリストになるためには、専門学校や大学で、社会学、メディア学、マスコミ学、コミュニケーション学を学ぶのがおすすめです。

マスコミ・ジャーナリストの給料・年収は?

職種別賃金額のデータによれば、ジャーナリストという記載はありませんが、記者の年収は、およそ730万円とあります。
現在の日本の平均年収に比べると高収入ですが、統計には「フリーの高収入ジャーナリストの年収」も含まれていると考えられるので、実際はかなりの年収幅があると考えられます。

マスコミ・ジャーナリストの試験・資格は?

マスコミ・ジャーナリストには特別な資格や免許は必要ありません。
ジャーナリストとして働くにあたって、ある分野に関する専門知識と、それに対しての独自の視点があれば、ジャーナリストとして仕事をすることができます。

特定の資格よりも、専門性の高い知識独自の視点こそが何よりも求められる職業といえます。
そのため、ジャーナリストを目指す人は、大学や大学院に進学することが多く、政治や経済、環境問題など、自分が興味のあるテーマを掘り下げて学び、研究する人がほとんどです。

大学で実績のある教授に指導してもらい、そこで培った人脈が、ジャーナリストになってからの取材や執筆活動で役に立つことがあります。

マスコミ・ジャーナリストの有名人・著名人

マスコミ・ジャーナリストで有名な人は、鳥越俊太郎さん、増田明美さん、二宮清純さん、勝谷誠彦さんなど、多数の人が活躍しています。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の芸能・マスコミの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.