映画に携わる職業

映画に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

映画に携わる職業を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「映像、舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
映画配給会社、映画宣伝会社、映画製作会社、映画館などに就職

映画に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
45 ~ 51

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

映画のお仕事ってどんな仕事?

映画のお仕事には様々な人が関わっており、監督、助監督、特撮監督、映画配給、映画俳優、映画宣伝、映画脚本家、映画監督、映画プロデューサー、映画エディター、映像編集者、殺陣師・アクションスーパーバイザー、現像技師、方言指導者、特殊造形・撮影、音響スタッフ、記録(スクリプター)、ロケコーディネーター、ネガ編集者、スタントマンなどがいます。

おすすめの大学(学部)

映像、舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学 …など

映画のお仕事に就くためには、専門学校や大学で、映像、舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学を学ぶのがおすすめです。

映画のお仕事の給料・年収は?

映画のお仕事のうち、映画配給会社社員の給与は、一般的なサラリーマンとそれほど違いはなく、年収400万円~500万円程度となっているようです。
大手の映画配給会社は歴史があるところが多く、福利厚生も充実しています。
平均年収も800万円を超えるような企業もありますが、小さな配給会社では、最初の数年間は年収200万円~300万円程度ということも珍しくなく、大手の会社と中小の会社ではだいぶ年収に差があると言えます。

映画のお仕事の試験・資格は?

映画のお仕事のなかでも、映画配給会社に入るために特別な資格が必要とされることはありません。
それよりも、「どうすれば映画を世の中に広めていけるか」といった企画力や交渉力が必要になります。
入社時点で特別なスキルが求められることはさほど多くありません。むしろ映画と仕事への熱意がある人の方が喜んで受け入れられるといえます。

映画のお仕事の有名人・著名人

映画のお仕事のなかでも、有名な映画監督としては、三谷幸喜さん、宮藤勘九郎さん、三池崇史さん、園子温さんなど数多くいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の芸能・マスコミの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.