テレビの裏方

テレビの裏方の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

テレビの裏方を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「美術、デザイン、デザイン工学、インテリア、工芸学」などの学科を卒業
Step.3
テレビ局や関係企業に就職

テレビの裏方を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
41 ~ 55

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

テレビの裏方のお仕事ってどんな仕事?

テレビの裏方のお仕事には様々あり、放送作家、テレビプロデューサー、ディレクター、シナリオライター、デベロッパー、美術・美術監督・デザイナー、音響スタッフ、映像編集者、ムービーカメラクルー(撮影技師)、照明、小道具、大道具、特機(とっき、特殊機器の略)、操演(そうえん)、制作担当、制作助手、ロケコーディネーター、タイムキーパー、芸能マネジャーなどがあります。

テレビの裏側の主な流れ

  1. 始めは、番組の企画をする仕事、放送作家、脚本家、番組リサーチといった仕事をする人がいます。
  2. 次に、番組制作現場の仕事をする人である、番組プロデューサー 、番組ディレクター、AD、タイムキーパー、美術 、カメラマン、音響、照明などの仕事をする人たちがいます。
  3. 最後に、収録した番組を加工する編集の仕事があります。

それぞれテレビ番組を作る上で欠かせない存在で、皆が責任と誇りをもってお仕事をされています。

おすすめの大学(学部)

美術、デザイン、デザイン工学、インテリア、工芸学 …など

テレビの裏方のお仕事に就くためには、専門学校や大学で、美術、デザイン、デザイン工学、インテリア、工芸学を学ぶのがおすすめです。

テレビの裏方のお仕事の給料・年収は?

テレビの裏方のお仕事のうち、テレビADを例に挙げると、年収は約300~400万円ほどになります。
初任給は未経験で月収18万円程度の場合が多いようです。

これは番組制作会社やプロダクションに雇用されているADの場合で、テレビ局のディレクターとして入社した局員が、入社間もない時期にADとして働く場合は、最初から高収入になります。

テレビの裏方のお仕事の試験・資格は?

テレビの裏方のお仕事に就くために、必ずしも必要な資格があるわけではありません。
ただし専門知識や技術が必要となる仕事のため、製作現場で働く人たちは、音声や映像関係の専門学校で技術を学んでいる人も多く、放送局に入社する場合は、大卒資格が採用条件の場合もあります。

多くの人たちと関わる仕事ため、的確に仕事をこなす力とコミュニケーション能力が不可欠です。

テレビの裏方のお仕事の有名人・著名人

テレビの裏方のお仕事の有名人で、プロデューサーではデーブ・スペクターさん、放送作家では秋元康さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の芸能・マスコミの職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.