公認不正検査士

公認不正検査士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

公認不正検査士を目指すための主な進路

公認不正検査士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、心理学、金融学」などの学科を卒業
Step.3
公認不正検査士の資格を取得
Step.4
内部監査団体や法律事務所などに就職

公認不正検査士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 72

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

公認不正検査士ってどんな仕事?

公認不正検査士は、組織内の会計上の虚偽や不正記載、さらに法律違反などを調べる仕事をする人のことを言います。

組織内の不正を未然に防止・発見・抑止することが大きな任務であり、そのためには会計と法律の知識、調査スキルだけでなく、心理学を含む犯罪学の知識も必要です。
不正が発覚した後には、原因を分析し、それを裁判で証言する場合もあります。

おすすめの大学(学部)

法学、心理学、金融学 …など

公認不正検査士になるためには、大学や短大で法学、心理学、金融学などを学ぶのがおすすめです。

公認不正検査士の給料・年収は?

公認不正検査士になるためには、一般社団法人日本公認不正検査士協会の会員となり「公認不正検査士」の資格取得が必須です。
合格した後、2年以上の実務経験を積むと、公認不正検査士として認定されます。

働く場所は内部監査団体や法律事務所などが多いですが、資格、経験、スキルを生かして企業コンサルタントとして活躍する人もいます。

また、就職先によっては募集要項に「公認内部監査人」「公認金融監査人」などの資格があることが望ましいとされる場合もあるようです。

公認不正検査士の試験・資格は?

公認不正検査士の平均年収は、大手転職サイトなどを参考にすると、およそ500万円~1500万円となっているようです。
新入社員としてこの職種に就くというよりは、さらに高度なコンサル業務をこなすための、ステップアップのために、資格を取得する人が多いようです。

公認不正検査士の有名人・著名人

公認不正検査士としての有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.