法律事務職員(パラリーガル)

法律事務職員(パラリーガル)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

法律事務職員(パラリーガル)を目指すための主な進路

法律事務職員(パラリーガル)
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて行政書士や司法書士の資格を取得
Step.4
法律事務所や企業の法務部署、銀行、不動産などに就職

法律事務職員(パラリーガル)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
51 ~ 71

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

法律事務職員(パラリーガル)ってどんな仕事?

法律事務職員(パラリーガル)は、弁護士の指示を受けて書類を作成するなど、弁護士を補佐する役割の仕事です。
主な書類は訴訟、企業法務、契約書、内容証明、登記手続きなど幅広く、自らの専門分野を生かして働くことができます。

法律事務所で働くことが多いですが、企業の法務部署や銀行、不動産会社など、法律と関連の深い業種の企業で活躍する人もいます。
働きながら法の知識と事務的スキルを磨き、司法試験合格を目指す人も少なくありません。

おすすめの大学(学部)

法学、コミュニケーション学 …など

法律事務職員(パラリーガル)になるためには、大学や短大で法学、コミュニケーション学などを学ぶのがおすすめです。

法律事務職員(パラリーガル)の給料・年収は?

法律事務職員(パラリーガル)の平均年収は、秘書業務が中心の場合200~350万円程度、法律事務を中心とする場合は、500~600万円程度となります。
大手法律事務所での初任給は約23万円程度となっています。

法律事務職員(パラリーガル)の試験・資格は?

法律事務職員(パラリーガル)になるための必須の資格はないですが、法律の知識が必要なため、行政書士司法書士などの資格があると就職の際に有利になることもあります。
また、一般社団法人日本リーガルアシスタント協会認定の資格取得や専門講座を受講し、就職先を探す道もあるようです。

大学や専門学校を卒業後、法律事務所に就職するのが一般的で、実務経験を積みながら弁護士を目指す人もいるようです。

法律事務職員(パラリーガル)の有名人・著名人

法律事務職員(パラリーガル)としての有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.