法務教官

法務教官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

法務教官を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「人間科学、心理学、教育学」などの学科を卒業
Step.3
法務省専門職員(人間科学)採用試験に合格する
Step.4
少年院・少年鑑別所にて勤務

法務教官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 64

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

法務教官ってどんな仕事?

法務教官は、少年鑑別所や少年院に送られた青少年の更生教育や指導をする仕事です。
生活指導や基礎学力指導など必要なことを教えて、就職につながる知識や技能も指導し、面接や観察、原因究明など行いながら支援やサポートをします。

非行や罪を犯した未成年者を適切に指導して正しく導けるように指導力やコミニュニケーション能力は必須になります。
昼間勤務、夜間勤務などもあり、忍耐力、体力、精神力も必要になるのである程度若い方と同じぐらい動けないと勤務が難しいです。

学科は、人間科学や心理学、教育学を学び採用試験に合格できると法務教官になれます。

おすすめの大学

人間科学、心理学、教育学 …など

受験資格は、学歴は問わず年齢制限のみになります。
筆記、面接、身体検査があるので基礎学力は高めにしておきましょう。

採用後は、研修をしてから法務教官になれます。

法務教官の給料・年収は?

初任給は、およそ24万円です。
平均年収は、300万円~800万円です。
法務教官は、国家公務員のため規定されている金額が支払われます。
昇格や昇任でさらに上級の階級により給与が高くなります。

法務教官の試験・資格は?

必須の資格はとくにありませんが、法務教官になる採用試験に合格する必要があります。
法務省専門職員(人間科学)採用試験は、男女別の試験で、矯正心理専門職区分、法務教官区分、保護観察官区分があります。
1次試験合格後、2次試験を受験できます。
年1回開催されており、年齢制限だけあります。難易度が高いので総合的に勉強しておきましょう。

法務教官の有名人・著名人

法務教官の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが業界内で知名度のある人物は多いかと存じます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.