行政書士

行政書士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

行政書士を目指すための主な進路

行政書士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学」などの学科を卒業
Step.3
行政書士資格試験(国家資格)に合格
Step.4
士業事務所など、または一般企業に就職

行政書士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
53 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

行政書士ってどんな仕事?

行政書士は、1951年に成立した「行政書士法」により誕生した「国家資格」です。

行政書士の仕事は大きく分けて3種類になります。

  • 「書類作成業務」
    官公署へ提出する書類や権利義務や事実証明に関する書類を作る
  • 「許認可申請の代理」
    作成した書類申請を代わりに行う
  • 「相談業務」
    クライアントからの相談を受け、アドバイスを行う

行政書士は、国民にもっとも身近な「街の法律家」とも言われ、国民と行政のパイプ役を担う法律の専門家として活躍しています。
行政書士になるためには、大学で法学を学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学 …など

行政書士の給料・年収は?

行政書士の平均年収は、およそ600~700万円程度とされていますが、独立開業した行政書士や、副業行政書士の一部には年収が3,000万円を超えている人もいる一方、年収が200万円台という人も多く、全体として二極化しているのが現状と言えます。

行政書士の試験・資格は?

行政書士になるには、国家資格である行政書士資格試験に合格しなければなりません。

行政書士試験の合格率は、平均約10%と言われており、難易度としては弁護士や司法書士、税理士、社会保険労務士などと比べると易しいと言われています。
また、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士資格を持っている人や、公務員で規定の事務を20年以上経験した者であれば、行政書士資格を得ることができます。

行政書士の有名人・著名人

行政書士資格を持つ有名人は、政治家に多く、木村健一郎さん、田所嘉徳さん、姫井由美子さん、百瀬智之さん、片山さつきさんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.