裁判に携わる職業

裁判に携わる職業の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

裁判に携わる職業を目指すための主な進路

裁判に携わる職業
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学」などの学科を卒業
Step.3
法科大学院を修了、もしくは司法試験予備試験に合格
Step.4
司法試験に合格
Step.5
各地の裁判所や事務局にて勤務

裁判に携わる職業を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
67 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

裁判に関するお仕事ってどんな仕事?

裁判に関するお仕事は、関連する職業として、裁判官、裁判所事務官、司法書士などがあります。

なかでも裁判官は、刑事訴訟や民事訴訟などで両当事者の主張を聞いて真相を明らかにし、公正な判決を下すことが主な仕事です。
またその下した判決については、判例として以後の裁判にも影響するため、裁判官の仕事は、社会秩序を維持するうえで重要な役割を担っています。
裁判官が「法の番人」と呼ばれているのはそのためです。

裁判の公正を保つために、裁判官には身分保障が与えられており、憲法に定められた手続き以外には、辞めさせられたり、給料を減額されることはありません。
裁判に関するお仕事に就くためには、大学で法学を学ぶのがおすすめです。

おすすめの大学(学部)

法学 …など

裁判に関するお仕事の給料・年収は?

裁判官の任官初年度は22万9900円と法律で定められています。
裁判官は経験年数によって昇級していき、最高裁判所長官になると月収は201万円と定められています。
司法書士は勤務先や勤務エリア、独立開業か企業勤めなのかにもよりますが、平均年収は680万円程度とされており、高収入と言えます。

裁判に関するお仕事の試験・資格は?

裁判に関するお仕事のうち、裁判官になるには、司法試験に合格しなければなりません。
司法試験合格後、司法修習を経て、判事補として経験を積んだのち判事に任命されます。
大学の法学部などを卒業したのちに法科大学院に進学し、司法試験に備えるのが一般的なルートと言えます。

また、司法書士になるためには、司法書士国家試験に合格する必要があります。

裁判に関するお仕事の有名人・著名人

元裁判官の有名人では、日本(東京弁護士会所属)とアメリカ・ニューヨーク州弁護士、タレント、コメンテーターの、八代 英輝(やしろ ひでき)さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.