検察官

検察官の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

検察官を目指すための主な進路

検察官
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学、政治学、コミュニケーション学」などの学科を卒業
Step.3
法科大学院を修了、もしくは司法試験予備試験に合格
Step.4
司法試験に合格
Step.5
司法修習修了後に法務省が行う面接試験に合格
Step.6
検察庁、国際連合等の国際機関、行政機関、在外公館、民間企業などに就職

検察官を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
48 ~ 70

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

検察官ってどんな仕事?

検察官は、強盗、殺人、汚職、脱税などの刑事事件の捜査に当たり、調査、検討を重ね、起訴・不起訴を決めるのが主な仕事です。
被疑者を起訴する必要がある場合には、公訴して裁判所に被告人の処罰を求めます。
公判に備えて証拠を固めたり、法廷で証言する証人を選んだり、過去の判例を調べることも行います。

おすすめの大学

法学、政治学、コミュニケーション学 …など

検察官になるためには、大学や短大で、法学、政治学、コミュニケーション学を学ぶのがおすすめです。
関わる職業としては、検察事務官があります。

検察官の給料・年収は?

検察官の給与は、通常の国家公務員とは異なり、独自の検察官の俸給等に関する法律により定められています。
検事長以下は1号~20号の等級が決められており、その合計金額の平均額を算出すると、年収の平均は、613万円でした。また、初任給は調整手当込みで約32万円となっています。

検察官の試験・資格は?

検察官になるためには、司法試験に合格することが必須です。
司法試験を受験するための資格は、法科大学院修了者や、法科大学院を修了していない人を対象として行われる予備試験合格者に対して与えられています。
一般的には、大学の法学部などを卒業したのちに法科大学院に進学、司法試験に備えるというケースが多いようです。

司法試験に合格してから、司法修習修了後に法務省が行う面接試験を受け、能力や適性を認められると、検事に採用されることになります。

検察官の有名人・著名人

検察官の有名人は、元政治家の若狭勝(わかさ まさる)さんや、弁護士でタレントの住田裕子(すみた ひろこ)さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.