弁護士

弁護士の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

弁護士を目指すための主な進路

弁護士
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「法学」などの学科を卒業
Step.3
法科大学院を修了、もしくは司法試験予備試験に合格
Step.4
司法試験に合格
Step.5
法律事務所、または企業内弁護士として就職
Step.6
その後、独立して弁護士事務所を開設する方も多い

弁護士を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
62 ~ 72

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

弁護士ってどんな仕事?

弁護士は、高度な法律の知識を備え、その法律の知識を武器に、人々の権利や利益を守ることを仕事にしています。

刑事事件、不動産売買関係のトラブル、交通事故の慰謝料問題、離婚問題、相続問題など、様々なトラブルの問題解決のために、弁護士は法律の知識を駆使しながら手助けをすることができます。
そのため社会的にも、人々からの大きな信頼を得ることができる職業といえます。

関連する職業としては、弁護士秘書、米国弁護士などがあります。

おすすめの大学(学部)

法学 …など

弁護士になるためには、大学で法学を学ぶのがおすすめです。

弁護士の給料・年収は?

弁護士の平均年収は約1100万円となっており、平均月収は、男性で66.8万円、年間ボーナスは295.8万円となっています。

女性の場合は、平均年収が約600万円で、平均月収は42.5万円、年間ボーナスが83.2万円となっています。

まだまだ女性弁護士が少ないことや、ライフサイクルに応じたキャリア中断があると仮定しても、女性弁護士も含めた弁護士の収入は高額といえるでしょう。

弁護士の試験・資格は?

弁護士になるためには、司法試験に合格しなければなりません。
司法試験の受験資格は、法科大学院を修了した人、または法科大学院を修了していない人を対象とした予備試験に合格者とされています。

まずは、大学の法学部へ行くことが一般的とされています。近年は、司法試験の合格率は予備試験合格者82%、法科大学院修了者が29%となっています。
予備試験合格者が法科大学院修了者よりも合格率が高い状態が続いていますが、予備試験の合格率は例年3%前後と狭き門です。

いずれにしても司法試験に合格することは、は難関であることに間違いありません。

弁護士の有名人・著名人

弁護士の有名人では、元大阪府知事の橋下徹さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の政治・法律の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.