英文速記者

英文速記者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

英文速記者を目指すための主な進路

英文速記者
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「コミュニケーション学、語学(外国語)、言語学」などの学科を卒業
Step.3
速記事務所などに就職、またはフリーランスとして活躍

英文速記者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 65

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

英文速記者ってどんな仕事?

英文速記者は会議やインタビュー中の英会話を文章で記録する人です。以前は筆記で行っていましたが、最近はその場でパソコンに打ち込む形が主流となっているようです。

会話と同じ速さで正確に英文をタイプするのは難しく、専用の速記記号を用いて記録し、通常の英文に起こす、反訳という作業を行います。
外資系企業や大使館などの国際機関で活躍している人が多いですが、録音した会議内容や会話を在宅ワークで文字に起こす場合もあるようです。

英会話の能力だけでなく、専門技能として速記記号などのノウハウを身に付ける必要があります。

おすすめの大学

コミュニケーション学、語学(外国語)、言語学 …など

英文速記者になるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科にて学ぶのがおすすめです。

英文速記者の給料・年収は?

英文速記者の平均年収は400万円程度、出版社や新聞社、速記会社に勤務する速記者は初任給20万円程度といわれています。
現在はフリーランスの英文速記者が会議などに同席することは少なくなり、代わりにICレコーダーで録音された音声データをテキストにする文字起こしを「反訳」と言うようになり、こちらが増加傾向にあります。1時間の音声の文字起こしで5,000円~2、3万円程度が相場のようです。これは、反訳する人の時給換算で、1500円~2000円程度になるように設定されていることが多いようです。

英文速記者の試験・資格は?

英文速記者になるためには「クレッグ公式英文速記検定試験」に合格しておくとアピールになります。
また、速記事務所に登録をしておくと、速記者として派遣や仕事紹介を受けることができ、そうして実務経験を積んだ後、独立してフリーランスとして活動する人も多いようです。

英文速記者の有名人・著名人

英文速記者の有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.