翻訳家(ほんやくか)

翻訳家(ほんやくか)の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

翻訳家(ほんやくか)を目指すための主な進路

翻訳家(ほんやくか)
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「外国文学、比較文化学、語学(外国語)、言語学、宗教学、コミュニケーション学、国際関係学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて英語や中国語などの検定を取得
Step.4
翻訳を必要とする一般企業、特許関連の翻訳部門などに就職。または人材派遣会社などに登録して活躍

翻訳家(ほんやくか)を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
54 ~ 60

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

翻訳家(ほんやくか)ってどんな仕事?

翻訳家(ほんやくか)は、外国語を日本語に、日本語を外国語に訳す仕事をする人のことです。
代表的なのは、英語を日本語に翻訳する英日翻訳ですが、そのほかにもフランス語やドイツ語、中国語、アラビア語など、言語の種類はさまざまです。

翻訳家の仕事は、大きく分けて以下3つの種類があります。

  • 「文芸翻訳」
    小説やノンフィクション作品、雑誌などの出版物を翻訳する
  • 「実務翻訳」
    ビジネスで必要とされる、マニュアルや契約書、学術書などの翻訳をする
  • 「映像翻訳」
    映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの映像作品の音声を翻訳して、吹替のセリフや字幕を作成する

このように、関わる職業としては、知財翻訳者、映画字幕翻訳家などがあります。

おすすめの大学

外国文学、比較文化学、語学(外国語)、言語学、宗教学、コミュニケーション学、国際関係学 …など

翻訳家(ほんやくか)になるためには、大学や短大で上記のような学科に通って学ぶのがおすすめです。

翻訳家(ほんやくか)の給料・年収は?

翻訳家(ほんやくか)の年収は、翻訳の種類や雇用形態によっても変わりますがだいたい400万円~600万円程度といわれています。
翻訳家は過去の実績やスキル、専門知識の有無、対応できる仕事量の違いなどにより、個人によって収入が大きく変わる職種のため、未経験で仕事が少ない場合や、副業として翻訳を行っている場合だと、年収100万円程度になることもある一方、翻訳を本業とするベテラン翻訳家では、年収が数千万円を超える人もいます。

翻訳家(ほんやくか)の試験・資格は?

翻訳家(ほんやくか)になるためには、必須となる資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。
最近は英語だけでなく、中国語など経済発展が著しい新興国の翻訳の需要が高まってきていますので、各言語の検定試験資格があるとアピールになります。

翻訳家(ほんやくか)の有名人・著名人

翻訳家(ほんやくか)の有名人は、日本の映画字幕翻訳家の戸田奈津子さんがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.