通訳

通訳の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

通訳を目指すための主な進路

通訳
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「語学(外国語)、語学(日本語)、言語学、外国文学、宗教学、文化人類学、コミュニケーション学、観光学、国際関係学、総合科学」などの学科を卒業
Step.3
企業の専属通訳者、語学を必要とする行政機関、通訳スクールなどに就職。またはフリーランスとして活躍

通訳を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 66

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

通訳ってどんな仕事?

通訳の仕事は、異なる言語をお互いの国の言葉に訳すことです。
さまざまな分野の通訳が存在します。

  • 政治通訳:政治の場で各国間の通訳を行う
  • 会議通訳:国際会議での通訳を行う
  • ビジネス通訳:ビジネスの場で商談などの通訳をする
  • スポーツ・芸能通訳:スポーツ選手や来日する芸能人の通訳を担当する
  • 通訳案内業:日本への観光客を案内する

上記のようなものがあります。

いずれの場合も、通訳をするためには、その分野に精通していることが必要になるため、下知識をしっかり身に付けて通訳の場に臨むことが大切です。
関わる職業として、海外現地ガイド、通訳ガイド、同時通訳者、逐次通訳者などがあります。

おすすめの大学

語学(外国語)、語学(日本語)、言語学、外国文学、宗教学、文化人類学、コミュニケーション学、観光学、国際関係学、総合科学 …など

通訳になるためには、大学や短大、専門学校にて、上記のような学科で学ぶのがおすすめです。

通訳の給料・年収は?

通訳の平均年収は約383万円で、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
初任給は21万円程度が相場のようで、フリーランスで働く通訳は、時給制で仕事をしている場合がほとんどで、時給2000円~4000円程度が相場になります。

通訳の試験・資格は?

通訳になるためには、大学の学部で学ぶ以上の語学力が必要になります。そのため、通訳を志す多くの人が大学卒業後にすぐ、あるいは社会人として働きながら民間の通訳専門学校などに通い、さらに高い実地レベルの語学の勉強をすることになります。

また、「通訳案内士」、通称「通訳ガイド」は、日本で唯一の語学通訳に関する国家資格で、ガイドのプロフェッショナル資格です。この資格を取得することで、日本を訪れる外国人観光客に対して、有償で日本の観光地や文化を案内したり、旅行中のサポートを行うことができるようになります。

通訳の有名人・著名人

通訳の有名人には、鳥飼玖美子さんなどがいます。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.