大使館スタッフ

大使館スタッフの年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

大使館スタッフを目指すための主な進路

大使館スタッフ
Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「国際関係学、語学(外国語)、国際文化学」などの学科を卒業
Step.3
必要に応じて担当する国の公用語の語学、英語などの検定を取得
Step.4
在外大使館、駐日大使館、外務省などに就職

大使館スタッフを目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
46 ~ 69

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

大使館スタッフってどんな仕事?

大使館スタッフは、日本と国交を結んでいる国が、出先機関として日本に置いている大使館や領事館などで、本国から派遣されているスタッフとともに、現地採用の形で仕事をしている日本人のことを言います。

大使館には、大使や公使付きの秘書や通訳などのスタッフのほか、管理部や政治部、広報部、文化部など、さまざまな部署があります。そ子で働くスタッフたちと円滑にコミュニケーションを取り、大使の不在時にも大使館の業務を維持していくことに注力します。
秘書や通訳、事務職員、ドライバーなど幅広い職種があります。

おすすめの大学

国際関係学、語学(外国語)、国際文化学 …など

大使館スタッフになるためには、大学や短大、専門学校にて、国際関係学、語学(外国語)、国際文化学を学ぶのがおすすめです。

大使館スタッフの給料・年収は?

在日大使館スタッフの平均年収は、230万円~350万円程度といわれています。大使館スタッフは、現地採用職員と呼ばれ、1年から3年の短期契約になります。そのため、期間中に収入が上がることはなく、最近ではパートタイムの勤務形態が多いようです。
一方、在外の日本大使館で働く場合は、公務員としての給与と各国の経済状況・危険度などに応じた手当が支給されています。国家公務員の平均年収は約660万円ですので、同程度と推測されます。

大使館スタッフの試験・資格は?

在日大使館スタッフになるために必要な基本的条件は、大卒以上の学歴その国の公用語でのコミュニケーション能力英語力、書類作成や広報などの社会人としての基礎的能力となります。
勤務する大使館の国と日本との橋渡し役になるので、お互いの文化や政治・経済の知識と理解が必要になります。募集はそれぞれの在日大使館で行われますので、随時応募していくという形になります。

また、在外日本大使館スタッフになるためには、公務員試験を受験して合格後、外務省に採用され、大使館職員になるというルートになります。

大使館スタッフの有名人・著名人

大使館スタッフの有名人は、一般的に知られる人物は少ないですが、この業界内で知名度のある人物は多いようです。

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の国際・語学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.