金属・材料技術者

金属・材料技術者の年収・試験・仕事内容と、なるために行くべき大学(学科)や適性をご紹介します。

金属・材料技術者を目指すための主な進路

Step.1
高校を卒業
Step.2
大学の「機械工学、材料工学、金属工学」などの学科を卒業
Step.3
工業英語能力検定や英語の資格を取得
Step.4
電機メーカー、鉄鋼・金属メーカー、造船会社などに就職

金属・材料技術者を目指すための大学(学科)

該当する大学(学科)は多くありますが、その中の一例として必要となる偏差値をご紹介します。

必要とされる偏差値
47 ~ 62

偏差値が足りない…と諦めないで!

学力・偏差値のご相談は、札幌の学習塾【大成会】にお任せください。
受験に強い北大医学生講師とプロ講師が、あなたの志望校に特化した「偏差値アップ集中コース」をご提案します!

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

1ヶ月間無料体験

金属・材料技術者ってどんな仕事?

金属・材料技術者は、金属素材を扱うスペシャリストです。
製品を製造するのに必要な鉄、銅、ステンレス、アルミなどの金属やセラミックなどを新しく加工する技術を開発する仕事です。

素材ごとの長所や短所、耐久力、コストなどの選択が重要で、さまざまな選択を考え設計者にアドバイスをします。
根気よく考える力や柔軟な発想力が必要になります。

元素記号や化学記号を常に使うので、機械工学、素材工学、金属工学を学べる専門学校や大学に進学するのが良いです。

取引先は海外も多いので、英語が話せるとさらに仕事の幅が広がり、論文などを読み解く力も必要です。
技術者としての実務スキルや営業や企画開発などのコミニュニケーション能力、チームをサポートする力など総合的にあると良いです。

おすすめの大学(学部)

機械工学、材料工学、金属工学、応用化学、応用物理学、鉱山学、物理学、化学、航空・船舶・自動車工学、建築学・意匠、エネルギー・資源工学 …など

英語が苦手なら早めに弱点を克服するのがおすすめです。国立大学に進学できる偏差値が必要になります。

金属・材料技術者の給料・年収は?

金属・材料技術者の年収は、300万円~500万円が平均で、携わる部署により変動します。
大卒以上の応募資格が多く、実務経験や知識によってはさらに年収を上げられます。
携わる業界も多くあり、転職の幅も広いです。

金属・材料技術者の試験・資格は?

とくに必須な資格はありませんが、工業英語能力検定(工検)は、プロフェッショナル、1~3級があります。
科学技術に関する英文を読み書きできるレベルが必要になり、海外の技術書や連絡ができるような知識が必要です。

金属・材料技術者の有名人・著名人

中川龍一

あなたの”成りたい”を大成会が応援します!

大成会代表からのメッセージ大成会代表からのメッセージ

まずは1ヶ月"完全無料"の体験授業をお試しください。当塾が合わないと感じたら無料期間だけで終了しても構いません。
ぜひ札幌の学習塾【大成会】をご検討ください。

その他の機械・化学の職業

Copyright © 2017-2021 札幌市の学習塾「大成会」. All Rights Reserved.